読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■全国のインフルエンザ患者、1週間で推計51万人に 前週の28万人からほぼ倍増

 

 国立感染症研究所によりますと、昨年12月19~25日までの直近の1週間に、全国の医療機関を受診したインフルエンザ患者は推計でおよそ51万人でした。前の週の28万人からほぼ倍増しています。

 年齢別では、10~14歳がおよそ8万人で最も多く、5~9歳がおよそ7万人、40歳代がおよそ6万人と続き、15~19歳、20歳代、30歳代がそれぞれおよそ5万人、0~4歳、50歳代、70歳以上がそれぞれおよそ4万人、60歳代がおよそ3万人となっています。

 全国約5000カ所の定点医療機関の患者数は、1カ所当たり8・38人(前週5・02人)に上り、注意報レベルの「10人」に迫っています。

 都道府県別で、定点医療機関1カ所当たりの患者の数が多かったのは、富山県(14・31人)、群馬県(14・09人)、秋田県(13・76人)、埼玉県(13・37人)、福井県(12・97人)、北海道(12・22人)、栃木県(12・00人)、福島県(11・40人)、神奈川県(11・01人)、東京都(10・58人)、茨城県(10・08人)の順となっています。

 45都道府県で前週の患者報告数よりも増加がみられましたが、2県では前週の患者報告数よりも減少がみられました。

 全国で警報レベルの30人を超えている保健所地域は4カ所(1道1県)で、注意報レベルの10人を超えている保健所地域は149カ所(1都1道1府30県)でした。

 国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、12月25日までの直近の5週間ではAH3亜型の検出割合が最も多く、次いでB型、AH1pdm09の順でした。

 国立感染症研究所は、マスクの着用や手洗いなどの感染予防を呼び掛けています。

 

 2017年1月6日(金)