読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■75歳以上から高齢者、65〜74歳は准高齢者 老年学会が定義見直しを提言

 

 日本老年学会などは5日、現在は65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める国などへの提言を、東京都内で発表しました。医療の進歩や生活環境の改善により、現代人は10~20年前と比較して、体の働きや知的能力が5~10歳は若返っていると判断しました。

 日本老年学会は、高齢者の定義について医師や大学教授などのグループで見直しを進めてきており、高齢者とする年齢を体力的な面などからも75歳以上に引き上げるべきだとする提言の発表に至りました。

 今回の提言では、現在は高齢者とされている65歳から74歳までの人たちについては、活発に活動できる人が多数を占め、社会一般の意識としても高齢者とすることに否定的な意見が強いとして、新たに「准高齢者」と位置付け、健康な間は仕事を続けたり、経験を生かしてボランティアに参加するといった活動ができるよう後押しし、「社会の支え手」としてとらえ直すべきだとしています。

 その一方で、提言を年金の支給年齢の引き上げなど、今の社会保障の枠組みに直接結び付けることには、慎重な態度を示しました。また、平均寿命を超える90歳以上は、「超高齢者」と位置付けました。

 日本老年学会のワーキンググループの座長を務める大内尉義(やすよし)医師は、「この20年ほどで老化のスピードが遅くなり、今、高齢者と呼ばれる人は生物学的に5歳から10歳ほど若返っているとみられる。若い労働者が減る中、現在、高齢者とされている人たちの意識を変えて、社会を支える側に回ってもらう必要があるのではないか」と話しています。

 総務省などによりますと、高齢者の年齢に法律上の定義はありません。1956年に国連の報告書が当時の欧米の平均寿命などをもとに、65歳以上を高齢と表現したことを受けて、日本でも事実上、65歳以上の人を高齢者と位置付けてきました。1956年当時、日本人の平均寿命は男性が63・59歳、女性が67・54歳でしたが、その後、食生活の改善や医療の進歩などで延び続け、2015年には、男性が80・79歳、女性が87・05歳となりました。

 また、介護の必要がなく、健康的に生活できる「健康寿命」も、2013年の時点の推計で、男性が平均で71・19歳、女性が74・21歳で、いずれも70歳を上回りました。

 こうした中、2016年に厚生労働省が行った意識調査で、「自身について何歳から高齢者になると思うか」を尋ねたところ、全体で最も多かったのが70歳以上という回答で41%、次いで現在と同じ65歳以上が20%、75歳以上が16%などとなりました。

 また、2013年に内閣府が60歳以上の男女を対象に行った意識調査で、「何歳ごろまで仕事をしたいか」を尋ねたところ、「働けるうちはいつまでも働きたい」という回答が30%と最も多く、次いで「70歳くらいまで」が24%で、「65歳くらいまで」は21%でした。65歳を超えて働きたいという人は合わせて66%となり、3人に2人の割合でした。

 高齢者の健康と生活支援に詳しい国立長寿医療研究センターの鳥羽研二理事長は、「海外では定年がない国もあり、高齢者の社会貢献の促進が進められているが、日本はそうした施策が遅れている。企業も高齢とされている人たちが、知識や技術を社会で生かせるよう、積極的に取り組んでいくことが期待される」と話しています。

 2016年9月の総務省の推計によると、65歳以上は約3400万人で人口の約27%。高齢者を75歳以上とした場合は、約13%に半減する格好です。

 

 2017年1月5日(木)