読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■女性医師が担当の入院患者、死亡率と再入院率より低い アメリカで内科調査

医療健康ニュース 医療ニュース

 

 医療施設での治療で女性の内科医が担当した入院患者は、男性の内科医が担当した入院患者よりも死亡率が低く、再入院の割合も低いというアメリカでの分析結果を、ハーバード大学THチャン公衆衛生大学院の津川友介研究員(医療政策学)らがまとめました。

 男女の医師の診察方法の違いを調べることで、医療の質向上につながると期待されます。アメリカの医師会雑誌「JAMAインターナル・メディシン」に発表しました。

 2011年から2014年にアメリカで医療施設に入院した65歳以上の患者約150万人分の診療記録などを使い、男女の医師で患者の経過に違いがあるかを調査。約5万8000人の内科医が対象となりました。

 女性の医師が担当して診た患者が入院から30日以内に亡くなった割合は11・07%でしたが、男性の医師の場合は11・49%でした。男性の医師が担当した患者の死亡率が女性の医師の患者並みに下がれば、アメリカの65歳以上の高齢者を含むメディケア(高齢者・障害者向け医療保険制度)対象者だけでも、死亡数を年間約3万2000人減らせるといいます。

 退院後30日以内に再入院する割合も、男性の医師が担当した患者の場合は15・6%だったのに対して、女性の医師のほうの患者は15・0%と低くなりました。

 女性の医師の場合は、診療ガイドライン(指針)により詳細に沿うなど慎重に治療している傾向があること、さらにはより患者中心のコミュニケーションを図っていることなどが、分析結果に影響したと見なされています。

 橋本英樹・東京大学教授(保健社会行動学)は、「アメリカで医師の性別でなぜ差が出たのか、調べる必要がある。日本でも同様の分析を試みる価値はある」と話しています。

 

 2017年1月5日(木)