読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

乳頭、乳輪の黒ずみ

 

乳房の先端部分の皮膚に存在するメラニン色素が多くなり、黒みを帯びる状態

 乳頭、乳輪の黒ずみとは、生理的に皮膚に存在し、皮膚の色に変化を与えるメラニン色素が多くなり、皮膚が黒みを帯びる状態。体の異常ではありません。

 皮膚に存在するメラニン色素の量が変化すると、淡褐色、褐色、黒褐色、黒色などの色が現れます。また、人間の体の表面を覆う厚さ約2ミリの皮膚は、基底層、有棘(ゆうきょく)層、顆粒(かりゅう)層、角質層の4層からなる表皮と、コラーゲンやエラスチンなどから構成されている真皮の2つの層に分かれていますが、表皮にメラニン色素が増えるほど褐色調が強く、真皮の上層に増えると暗褐色から黒色、真皮の深いところに増えると青色調が強く現れます。

 乳首、すなわち乳頭や、乳頭の周囲を取り囲む輪状の部位である乳輪の皮膚が黒ずむのは、紫外線や外的刺激から真皮を守るために、表皮の基底層にあるメラノサイトで生成されるメラニン色素が多くなるためです。皮膚の敏感な部分ほど黒ずみやすく、乳房の場合は柔らかな先端部分の真皮を守るために、メラニン色素が多くなりやすくなっているのです。

 また、乳頭や乳輪の色は、加齢、妊娠、授乳、ストレスによっても変化します。  加齢により、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が遅くなると、表皮の一番上にある古い角質細胞と一緒にメラニン色素が残って、皮膚は黒みを帯びます。しかし、高齢になるとメラニン色素の生成自体が衰えてくるので、次第に薄めの茶色から茶色程度に薄まっていきます。

 妊娠・出産による変化により、人によって程度はあるものの、妊娠4週あたりから乳房が張ったり、乳頭が敏感になったりするとともに、次第に乳頭や乳輪が黒みを帯びて、淡褐色、褐色、黒褐色に変化していきます。

 この原因となるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という卵巣から分泌される2つの女性ホルモンで、妊娠20週くらいから急激に分泌が増加します。この2つのホルモンはメラニン色素を生成するメラノサイトを刺激するので、分泌が増加することで乳頭や乳輪の皮膚のメラニン色素が増え、黒みを帯びやすくなるのです。

 乳頭に関しては、母乳を生成する準備段階として、徐々に乳頭が硬く、皮膚も厚くなっていき、新生児に授乳する準備段階として、新生児がくわえて吸う力から保護する働きを持つメラニン色素が増え、黒みを帯びてくるとも考えられています。また、視力が0・01から0・02程度しかない新生児が乳頭を見付けやすいように、黒みを帯びてくるとも考えられています。

 また、精神的ストレス、不規則な生活、睡眠不足があると、脳下垂体からのメラニン細胞刺激ホルモン(メラノトロピン)や副腎(ふくじん)皮質刺激ホルモン(コルチコトロピン)などのメラノサイトを刺激するホルモンの分泌を増加させ、乳頭や乳輪の皮膚が黒みを帯びることがあります。

乳頭、乳輪の黒ずみの自己治療と医師による治療

 乳頭、乳輪の黒ずみに対する手軽に始められる自己治療には、美白成分を配合した顔やボディー用の乳液やクリームを使う方法があります。メラニン色素の生成を抑えて、できてしまったメラニン色素を薄くする成分が含まれているものを選ぶと黒ずみの改善が期待できます。

 また、高い効果を望む場合は、バストトップの黒ずみ専用のクリームやジェル、皮膚の古くなった角質を取り除くピーリング剤も市販されていますので、上手に活用しましょう。

 主な美白成分として、ハイドロキノンやトレチノイン酸、ルミキシルペプチド、ビタミンC誘導体が知られており、1日2回、朝晩塗るだけで薬剤が表皮の深い層に働き掛け、メラニン色素を薄くしていきますが、それぞれ一長一短があります。

 ハイドロキノンは、ビタミンCとトレチノイン酸とともに使用すると効果が高く、メラニン色素を生成する酵素であるチロシナーゼの働きを抑えて、黒ずみを徐々に薄くしていきます。美白効果は高いものの、刺激が強く安定性も悪いため、以前は皮膚科でしか処方することができないものでしたが、現在は低濃度で配合されたものも市販されています。

 トレチノイン酸はビタミンA誘導体で、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を促進し、ピーリング剤と同様に皮膚がポロポロと落ちることがあります。また、催奇形性(催奇形作用)がある点にも注意が必要で、妊娠中に使用すると胎児に奇形を発生させる可能性があります。

 ルミキシルペプチドは、メラニン色素を生成する酵素であるチロシナーゼの働きを阻害し、黒ずみを徐々に薄くします。天然由来のタンパク質であるため皮膚への刺激が少ないのに加え、ハイドロキノンの17倍の美白効果があるといわれています。

 ビタミンC誘導体は、壊れやすいビタミンCを化粧品に配合できるように安定化させたもので、酵素反応により体内でビタミンCになります。メラニン色素が生成されにくくするだけでなく、できてしまったメラニン色素を薄くする作用もあります。しかし、強い刺激により皮膚が乾燥しやすいため、保湿成分が配合されたものを選ぶことが勧められます。

 いずれにしても、自分の皮膚に合ったものを選ぶことが大切です。強力な美白成分やピーリング成分を含んでいるものもあり、皮膚への刺激が強すぎると黒ずみをなくすどころか皮膚を傷めてしまうため、使用方法や分量には十分な注意を払う必要があります。また、初めて使用する際には、まず腕などでパッチテストを行うようにしましょう。

 徐々に薄くするというより、確実にしっかり乳頭、乳輪の黒ずみを除去することを希望する場合は、皮膚科や美容外科などのクリニックを受診することがお勧めです。

 ハイドロキノンやトレチノイン酸などを配合した塗り薬を処方してもらったり、レーザー治療を受けたりすることができます。

 塗り薬は、同じ有効成分を使っていても市販のものと医療用のものとでは量が違う場合がありますので、より高い効果が期待できます。レーザーによる治療は高い効果がある反面、メラニン色素の脱失により色むらが発生するリスクもあるため、信頼できるクリニックを選ぶ必要があります。