読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■餅による窒息事故への対処法 正月は高齢者の救急搬送が急増

 

 毎年、正月は、餅(もち)をのどに詰まらせる窒息事故が急増します。トラブル回避のポイントや、万が一の時の対処法をまとめました。

 餅による窒息事故は、食べる機会が多い年末年始に相次ぎます。東京消防庁管内では2011~2015年、餅などを詰まらせて562人が救急搬送され、このうち45人は病院に搬送された時には死亡していました。搬送された人の9割が65歳以上で、月別では12月と1月で全体の半数を占めました。

 昭和大学の向井美恵(よしはる)名誉教授(口腔〔こうくう〕衛生学)によると、窒息事故は、食道を通るはずの食品が気道をふさいで呼吸ができなくなることで起こります。のどに詰め込んで食べたり、食べている途中に急に上を向いたり、会話をしていて息継ぎしたりすることで生じます。

 特に高齢者の場合は一般的に、筋力低下や歯の欠損などで、かむ力やのみ込む力、詰まりかけた時にせきをする力が弱いため、注意が必要。

 なぜ餅はのどに詰まりやすいのか。和洋女子大学の柳沢幸江教授(調理学)によると、餅は弱い力で変形はしやすいものの、かみ切って小さくするには「生のニンジンをかむ力に匹敵する」かなりの力が必要といいます。かむ回数が不十分だと、塊のままのみ込んで詰まらせかねず、のどの粘膜などにくっ付く付着性も大きくなります。また、誤嚥(ごえん)といって餅が気管に入ってしまう危険もあります。

 一工夫でトラブルが生じるリスクは下げられます。あらかじめ一口大に切っておくことが第一。次に、水分があると餅の付着性が下がってのみ込みやすくなるため、よくかんで唾液(だえき)と十分に混ぜ、こまめにのみ込みようにし、食べる前には汁物などで口を潤します。その点で、磯辺焼きより、大根おろしであえるなど水分と一緒に食べたほうがいいといいます。

 食べる時は会話を控え、いすの奥に腰掛けて体を安定させます。特に高齢者や子供は、周囲の人が見守るのが望ましく、乳児は控えます。

 もし餅を詰まらせたら、周囲の人はどう対処したらいいのでしょう。自力で強いせきをしている時は、続けるように促すとともに、119番通報して救急車を呼ぶこと。せきができない、あるいは初めはせきをしていたのに、できなくなってきた場合には、背部叩打(こうだ)という応急処置を行います。

 救助者が患者の背後から、片手で胸または下あごを支えてうつむかせます。もう片方の手のひらの付け根で、肩甲骨の間を何度も強く迅速にたたいて餅を吐き出させます。

 この背部叩打に、腹部突き上げという応急処置を組み合わせることも有効。まず救助者が患者の背後から、両腕を腹部に回します。片方の手で握り拳を作り、親指側を患者のへその上、みぞおちより下に当てます。その握り拳をもう一方の手で握り、素早く手前上方に向かって圧迫するように突き上げます。

 救急車の到着まで、背部叩打と腹部突き上げの2つを繰り返すといいといいます。119番通報でも応急処置の指導をしてくれます。

 

 2017年1月1日(日)