読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■高齢者、寒い浴室で急激な血圧変化 暖房で温度差なくして事故予防

 

 高齢者が寒い浴室で風呂に入ると、血圧が30以上変動するとの実験結果を東京都健康長寿医療センター研究所の高橋龍太郎・前副所長らが30日までにまとめました。浴室を暖かくすると変動幅を半分程度に抑えられたといいます。

 高齢者に多い入浴中の死亡の原因になると考えられ、高橋さんは「脱衣室や風呂を暖房器具で暖めるなど、気温差の少ない環境づくりを心掛けてほしい」と話しています。

 実験は、東京ガスの試験室で実施。62~77歳の男性31人が参加し、風呂に入ってから出るまでの血圧などの変化を調べました。

 脱衣室と浴室の温度を18度、湯温を41度にした場合、服を脱いだ直後に平均で154に上がった最高血圧が、風呂に入ると122に急降下。風呂から出ると再び急上昇しました。

 血圧の変動は温度の変化によって血管が収縮したり、拡張したりするために起きると考えられ、変動幅は32~35でした。脱衣室と浴室を25度にすると、血圧の変動幅は15~22に縮小しました。

 高橋さんによると、高齢者の血管は硬く、弾力性がないため血圧の変動幅が大きくなります。加えて脈拍数が少ないため、血圧の急降下により必要な血液を届けにくくなり、入浴中に心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞意識障害、失神、転倒を起こして、溺死(できし)することもあります。

 東京都健康長寿医療センター研究所は、これまでに全国の消防本部への調査を基に、急激な温度変化による健康被害で、高齢者を中心に年間約1万7000人が入浴中に死亡したとの推計を発表。気温が下がる1月の心肺停止者数は、8月の約10倍に上ると注意喚起しています。

 安全な入浴法である「湯温41度以下、10分未満」を提唱している消費者庁のまとめによる安全な入浴方法は、①入浴前に脱衣場を暖める、②浴槽にお湯を張る時はシャワーからお湯を張って浴室全体を温める、③湯温は41度以下、湯につかる時間は10分未満に、④浴槽から急に立ち上がらない、⑤飲酒、食事直後の入浴は控える、⑥入浴する前に同居者に一声かける。

 

 2016年12月31日(土)