健康創造塾

各種の健康情報を発信

■喫煙の動脈硬化リスク、最大5・2倍 滋賀医大が1000人調査

 

 動脈硬化が進む危険性が、たばこを吸う人は吸わない人と比べて1・8~5・2倍高いことが、約1000人を対象にした滋賀医科大の大規模調査で明らかになりました。論文は、アメリカの心臓学会誌に掲載されました。

 動脈が硬くなったり狭くなったりすると、脳卒中心筋梗塞(こうそく)につながります。喫煙と動脈硬化の因果関係については、病気を発症した人での研究はありましたが、一般の喫煙者の動脈がどう硬くなっていくかを詳しく調べ、因果関係を明らかにしたのは、国内で初めてといいます。

 三浦克之教授らの研究チームは、滋賀県草津市の健康な40~79歳の男性1019人、うち喫煙者329人を対象に心臓や首、足の血管の状態をコンピューター断層撮影(CT)や超音波で測定。飲酒や運動の有無など、たばこ以外の影響を除き、動脈の硬化と喫煙との関係を調べました。

 その結果、喫煙者の動脈硬化の進み具合の「危険度」は非喫煙者に比べて、足へ血液を送る末梢(まっしょう)血管で5・2倍、心臓から全身に血液を送る大動脈で4・3倍、脳へ血液を送る首の頸(けい)動脈で1・9倍、心臓の冠動脈で1・8倍でした。

 喫煙習慣が長期間にわたったり喫煙量が多いほど、動脈硬化の進むリスクは高くなりました。一方で、禁煙期間が長くなると、動脈硬化の進むリスクは低下する傾向もわかりました。

 三浦教授と久松隆史客員准教授は、「喫煙が全身の血管の動脈硬化を進展させることが明瞭に示された。動脈硬化による心臓病や脳卒中を予防するためには、まずタバコを吸い始めないこと、また、喫煙者ではできるだけ早く禁煙して、動脈硬化が進むのを予防することが大切だ」と話しています。

 

 2016年12月27日(火)