読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

乳頭異常分泌症

医療・ヘルス 女性の病気 病気(に)

 

妊娠や授乳期以外に起こる乳頭からの乳汁などの分泌

 乳頭異常分泌症とは、妊娠や授乳期以外に乳頭から分泌物がみられる状態。異常乳頭分泌とも呼ばれます。

 妊娠期間中や授乳期に女性の乳頭から乳汁(母乳)が出るのは普通ですが、乳頭異常分泌症ではそれ以外の時期に乳頭から分泌物がみられるわけです。

 乳頭の片方からだけ分泌物がみられることもあれば、乳頭の両方から分泌物がみられることもあります。何もしなくても気付くほどの分泌物がみられることもあれば、軽くまたは強く乳頭を圧迫しないと分泌物がみられないものもあります。

 分泌物は乳汁のようなさらっとした白色のものもありますが、膿(うみ)が混じって黄色や緑色っぽく、粘り気があることもあります。また、分泌物に血液が混じって茶褐色であることもあります。

 その原因は、さまざまです。乳汁をつくる乳腺(せん)に何らかの異常がみられる場合と、乳腺以外の部分の異常が原因の場合とがあります。 ほとんどは乳腺に異常がある場合に生じ、乳腺症や乳管内乳頭腫(しゅ)などによって生じます。また、割合として多くはないものの、乳がんによって生じることもあります。

 乳腺以外に原因があるものとしては、薬剤の副作用による場合があります。ある種の抗うつ剤や胃薬、降圧剤、経口避妊薬(低用量ピル)などが原因で、乳汁を産生するプロラクチンというホルモンの下垂体(脳下垂体)からの分泌を刺激することがあり、そのような薬剤を長期服用することで乳頭異常分泌症の症状がみられることもあります。

 さらには、下垂体(脳下垂体)の疾患や脳の疾患、甲状腺や卵巣の異常による乳頭異常分泌症もあります。下垂体(脳下垂体)に腫瘍(しゅよう)があり、プロラクチンの分泌が高まると、乳汁のような分泌物が左右の乳頭から出ます。指で乳頭をつまむと、ピューっと出ることもあります。

 乳管内に、いぼのような乳頭状の構造を持った良性のしこりができる乳管内乳頭腫では、多くの例で、乳頭から分泌物が出るのが自覚症状となります。分泌物の性状は、血性のことが5割、粘り気の少ない漿液(しょうえき)性のことが5割で、水のように透明なこともあります。分泌物の色も、赤色、赤褐色、茶褐色、白色、透明などさまざまです。分泌物の量にも個人差があり、下着に付着する程度から、大量に乳汁のように分泌するものまでさまざまです。

 血液が混じった血性分泌物の場合は、乳がんの発見の切っ掛けになる場合もあります。分泌物に血液が混じっても良性の病変によることがほとんどですが、約5%に乳がんが見付かります。まだしこりにならない早期のがんは乳管内にとどまっており、乳頭からの血性分泌物が唯一の症状です。この場合は、片方の乳頭の1カ所の乳管から出ます。

 しかも、明らかにわかる程度の血液が混じっていることもあり、目でみてもほとんどわからない程度の血液が混入していることもあります。従って、片方の乳頭の1カ所の乳管からの分泌は、潜血反応で血液成分が混じっているかどうかを調べることが大切です。潜血反応が陰性の場合は、がんである可能性が極めて低くなります。

 膿が混じって黄色や緑色っぽく、粘り気がある分泌物の場合は、乳房の先にあって通常は突出しているはずの乳頭が乳房の内側に埋没した陥没乳頭により、乳頭の乳管開口部から化膿(かのう)菌が侵入することにより、乳輪の下に膿がたまる乳輪下膿瘍を起こしている可能性があり、片方の乳頭から出ます。

 乳汁のような白色もしくは透明の分泌物が少量、いくつかの乳管から出る場合は、大抵の場合、ストレスなどによりホルモンバランスが乱れたりすることが原因で、深刻な問題ではないことがほとんどです。

 それ以外の分泌物が出た場合は、早めに婦人科 、内科、乳腺科などを受診することが勧められます。

乳頭異常分泌症の検査と診断と治療

 婦人科 、内科、乳腺科などの医師による診断では、まずは原因を調べるために、乳房の視診や触診のほか、分泌物の検査、マンモグラフィー(乳腺X線検査)、血液検査、超音波(エコー)検査、乳管造影などを行います。

 薬剤が原因のこともありますから、服用中の薬についても問診し、血液中のプロラクチン濃度を測定することもあります。

 婦人科、内科、乳腺科などの医師による治療では、原因に応じた処置を行います。

 原因が薬剤の服用である場合は、減量もしくは休薬を考えます。乳汁の分泌が見られるだけで、ほかに特別な異常や兆候がなければ、経過観察も可能です。

 原因が乳管内乳頭腫などの良性の疾患の場合は、大抵は外科手術の必要はありません。乳がんなどの場合は、外科手術で腫瘍を切除し、抗がん剤による化学治療などを行います。

 原因が陥没乳頭による乳輪下膿瘍の場合は、炎症性の膿瘍と拡張した乳管の切除とともに、炎症の元になっている陥没乳頭が外に出る形成手術を行わなければ、必ずといっていいほど再発します。まず抗生剤などで炎症を鎮静させて、それから根治手術を行います。