読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■エボラ出血熱、初めてのワクチンで発症を予防 高い確率で予防とWHO発表

 

 西アフリカのギニア、シエラレオネリベリアなどで流行したエボラ出血熱について、世界保健機関(WHO)は、カナダ政府が開発したワクチンが病気の発症を高い確率で予防するとした臨床試験の結果を発表し、新たな流行を防ぐための対策の要となる初めてのワクチンとして期待されることを明らかにしました。

 このワクチンは、カナダ政府が開発したもの。WHOなどの研究グループは、エボラ出血熱が流行していた西アフリカのギニアを中心に昨年3月から今年1月まで、患者と接触した可能性が高い家族や知人など感染の疑いがある1万2000人余りを対象に臨床試験を行いました。

 その結果、感染の疑いがわかり、すぐにワクチンを接種したおよそ3700人は、接種から10日たっても1人も病気を発症しなかったということです。一方で、ワクチンの接種を3週間遅らせた人や、接種しなかった人は、およそ8000人のうち34人が病気を発症したとしています。

 エボラウイルスには複数のタイプがあり、今回のワクチンは、2013年から今年にかけて西アフリカのギニアなどで流行した「ザイール」というタイプのウイルスに効果があるよう開発されたということです。

 WHOは、このワクチンが「エボラウイルスへの感染を防ぐ初めてのワクチンだ」としており、エボラ出血熱の新たな流行を防ぐための対策の要になると期待されています。今後新たな問題が生じない限り、ワクチンは最速の認可手続きを経て、2018年に入手可能となることも視野に入っているといいます。

 エボラ出血熱は、2013年の12月から西アフリカのギニア、リベリアシエラレオネの3カ国を中心に過去最悪の規模で流行し、2016年1月に終息するまでに2万8000人以上が罹患し、世界全体で1万1300人以上が死亡しました。

 

 2016年12月23日(金)