読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■ノロウイルス、患者の増加続き大流行並みに 東京、山形など13都県で警報レベル

 

 国立感染症研究所は20日、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者報告数が12月5~11日の直近の1週間で、1医療機関当たり19・45人を数えたと発表しました。

 前週の17・37人からの伸びは小さいものの、今季も含めた過去10シーズンで最も流行した2012年のピーク時の19・62人に迫る水準です。専門家は、こまめな手洗いや嘔吐(おうと)物などの適切な処理を呼び掛けています。

 国立感染症研究所によると、全国約3000カ所の小児科など定点医療機関から報告された患者数は、11日までの1週間では6万1547人で、前週を6671人上回りました。1医療機関当たりだと、19・45人と昨季のピーク時の2倍ほどで、猛威がなお続いています。最近では2006年に22・81人だった週があります。

 直近1週間の1医療機関当たりの患者数を都道府県別にみますと、山形県が45・37人と最多で、宮城県41・44人、埼玉県30・89人、東京都27・24人、三重県26・18人、宮崎県26・03人、福井県25・23人、神奈川県24・75人、兵庫県23・51人、千葉県22・88人、富山県20・93人、静岡県20・92人、愛知県20・52人など。13都県で、大きな流行が疑われる警報レベルの20人を上回りました。

 今シーズンでこれまでに検出されたノロウイルスの大半は、近年流行していなかった「G2・2」タイプ。免疫がない子供がかかりやすいとみられ、各地の幼稚園や保育所、小学校などで集団感染が相次ぎ、学級閉鎖や休校も出ています。

 ノロウイルスは感染力が非常に強く、患者との接触や患者の排せつ物、嘔吐物、ウイルスに汚染された食品などを通じて、口から感染します。

 国立感染症研究所の木村博一室長は、「今は子供を中心に感染が広がっているが、今後、大人や高齢者に感染の広がりが移っていくことが懸念される。また食中毒の危険もあるので、忘年会のシーズンだが、しっかりと食品は加熱するとともに、食事前を始め手洗いを徹底してほしい」と話しています。

 

 2016年12月20日(火)