読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■毎月末の金曜は早帰りで買い物、外食を 来年2月からプレミアムフライデーを実施

医療ニュース

 

 経済産業省経団連、小売り、旅行などの業界団体でつくるプレミアムフライデー推進協議会は12日、東京都内で初会合を開き、毎月末の金曜に消費活動を促す「プレミアムフライデー」を来年2月24日から実施すると決めました。

 買い物しやすいように、企業が従業員に対して午後3時には仕事を終えるよう呼び掛け、長時間労働の是正など働き方改革にもつなげる考えです。

 詳細を詰めるためのプレミアムフライデー推進協議会には、日本百貨店協会日本チェーンストア協会全国商店街振興組合連合会など15団体が参加。経産省と各団体が企業だけでなく商店街や自治体にも呼び掛けて、具体的な方法を検討します。

 主導する経産省は広告費などとして、2016年度の補正予算に2億円を計上しており、PRに使う統一ロゴマークも公表しました。

 毎月末の金曜日に午後3時には仕事を終えて、買い物や外食、週末の旅行などに出掛けてもらうことで、低迷を続ける個人消費を盛り上げるねらいがあります。

 アメリカでは「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」と呼ばれる年末慣例の商戦が定着しており、これを参考に毎月末に各地のショッピングセンターや商店街などがイベントやキャンペーンを開催することを想定しています。

 すでに具体的な取り組みに向けて動き始めている自治体や企業もあります。静岡県の商工会議所は市などと連携して、金曜日には飲食店を早めに開けて、会社帰りの客を呼び込む準備をしています。日本航空は、金曜の夕方から土日にかけてのツアーをつくる検討を進めます。

 経産省は、「安売り目的ではなく、良質の商品やサービスを適正な価格で提供してもらいたい」としています。

 

 2016年12月13日(火)