読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■乳児用パジャマに有害物質 「無印良品」自主回収へ

 

 生活雑貨などの「無印良品」を運営する良品計画は7日、基準値を超える有害物質ホルムアルデヒドが検出されたとして、乳児用のパジャマ商品を自主回収すると発表しました。

 対象となるのは、「オーガニックコットンフランネルお着替えパジャマ(ベビー・赤)」の80センチ、90センチ、100センチの3サイズ。10月26日~12月5日に、全国で694着を販売しました。宮崎市が実施した衣料品などの抜き打ち検査で、ホルムアルデヒドが検出され、11月26日に宮崎市内の店舗に連絡がありました。

 良品計画によりますと、健康被害は報告されていないということです。

 最寄りの無印良品の店舗に持ち込むか着払いで送ってもらえれば、返金します。問い合わせは、通話無料の良品計画お客様室、電話(0120)640772。

 ホルムアルデヒド発がん性が高いとされ、2月には集英社が発行する少女漫画雑誌「りぼん」、講談社が発行する少女漫画雑誌「なかよし」などの付録のマニキュアから検出されたとして、両社が回収を発表しています。

 

 2016年12月7日(水)