健康創造塾

各種の健康情報を発信

■19成分を含む薬用せっけん、日本で230種類流通 アメリカに続いて販売停止へ

 

 感染症のリスクを高める恐れがあるとして、アメリカで販売停止が決まったせっけんと同じ成分を含む製品が日本でも230種類流通していることがわかり、すべての製造販売会社は厚生労働省の求めに応じて、別の成分に切り替えるか販売を取りやめる方針です。

 アメリカでは抗菌効果をうたった、せっけんの一部について、感染症を予防する効果がなく、細菌の免疫力によって、かえって感染症のリスクが高まるなどと指摘され、食品医薬品局(FDA)はトリクロサンなど19の成分を含む製品について、来年9月までに販売を停止することを決めました。

 これを受けて、厚労省が国内の流通状況を調べたところ、これらの成分のうち、トリクロサンとトリクロカルバンを含む薬用せっけんが、合わせて230種類販売されていたことがわかりました。厚労省は製造販売会社に対して別の成分に切り替えるよう求めており、すべての製造販売会社は来年9月までに切り替えるか、販売を取りやめる方針です。

 トリクロサンなどを含むせっけんは、国内では薬用せっけんに分類されています。医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき、医薬部外品として、国の承認を得て広く販売されており、薬用ボディーソープや薬用洗顔料なども含みます。

 厚生労働省は、「今のところ健康被害は確認されていないが、国際社会と協調して対応する必要がある」としています。

 アメリカでは別の成分についてもFDAが検証を進めており、販売停止の対象がさらに拡大する可能性もあるということです。

 

 2016年11月29日(火)