読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■受動喫煙を経験した場所、飲食店が4割超 厚労省が対策を強化へ

 

 他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙を経験した場所について厚生労働省が調査したところ、「飲食店」と回答した人が4割余りで最も多かったことがわかりました。

 厚労省健康被害を防ぐため、受動喫煙の対策を強化する検討を進めています。

 厚労省受動喫煙などの状況を調査するため、2年に1度、アンケート調査を行っており、昨年11月に全国のおよそ3500世帯から回答を得ました。

 この中で、過去1カ月の間に受動喫煙を経験した場所について複数回答で聞いたところ、「飲食店」と回答した人が41・4%で最も多く、次いで「遊技場」が33・4%、「職場」と「路上」がともに30・9%でした。さらに、「医療機関」や「行政機関」、「学校」という回答もそれぞれ5%前後あったということです。

 また、受動喫煙の対策を強化してほしい場所を聞いたところ、「飲食店」が35%と最も多く、次いで「路上」が34・8%、子供が利用する「公園」や「通学路」が28・2%となっています。

 厚労省は、受動喫煙脳卒中や肺がんなどのリスクを高めるとして、不特定多数の人が出入りする施設を中心に喫煙を規制し、違反した場合は管理者と喫煙者に罰金を科す方向で検討を進めています。

 施設によって規制レベルを分け、患者や未成年者らが主に利用する医療機関と小中高校を「敷地内禁煙」、多数の人が利用する施設と位置付けた官公庁やスポーツ施設、社会福祉施設、大学などを「建物内禁煙」、飲食店やホテル、船、駅、空港内などを「喫煙室による分煙可」としています。

 

 2016年11月20日(日)