読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■肥満が免疫細胞を老化させ、糖尿病を起こす 慶大などがマウス実験で解明

医療ニュース

 

 肥満によって糖尿病など生活習慣病の発症リスクが高まるのには、免疫細胞の老化が関係していることを、慶応大などの研究チームがマウス実験で解明しました。

 人間でも肥満がさまざまな生活習慣病を引き起こすことから、今後予防や治療につながる可能性があります。

 免疫細胞が加齢に伴って老化すると、働きが低下したり、炎症を起こす物質を放出したりして、高齢者での糖尿病や心血管疾患の発症の増加につながっています。慶応大学の佐野元昭准教授(循環器内科)らは、こうした免疫細胞の老化と肥満との関係を調べました。

 生後1カ月のマウスに3カ月ほど高脂肪食を与え続けたところ、内臓脂肪内で、通常は高齢のマウスにしかみられないような老化状態のTリンパ球が増えるのを発見。このTリンパ球が炎症を引き起こす物質を大量に放出し、マウスの糖尿病発症につながりました。

 さらに、この老化状態のTリンパ球を、生後4カ月ほどの健康なマウスの内臓脂肪に注入したところ、約2週間で炎症を引き起こす物質の血液中の濃度が上がり、糖尿病になっていることを確認しました。

 佐野准教授は、「免疫細胞の老化が肥満での糖尿病に絡むことを明らかにしたが、動脈硬化などほかの生活習慣病にも関係している可能性がある。肥満が原因で起こる病気に対し、老化状態のTリンパ球を取り除き、免疫機能を回復させるような治療が効果的だと考えられる」と話しています。

 研究成果は、アメリカの医学研究専門誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」(電子版)に掲載されました。

 

 2016年11月17日(木)