読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■日本脳炎と麻疹風疹ワクチンが不足 医療機関に問い合わせ相次ぐ

 

 蚊が媒介する感染症である日本脳炎を予防する日本脳炎ワクチンと、はしか(麻疹)の予防接種として一般的に使われているMR(麻疹風疹混合)ワクチンが不足し、各地の医療機関や自治体窓口などに問い合わせが相次いでいます。

 日本脳炎ワクチンについては生後早めの接種を勧める見解が出され、MRワクチンでも今夏の関西空港でのはしかの集団感染などを受け、定期接種以外の接種などで需要が増えたためとみられます。ただし、ワクチンの接種が多少遅れても問題ないといい、専門家は冷静な対応を呼び掛けています。

 日本脳炎ワクチンは、3歳で1回目、1~4週間後に2回目、約1年後に3回目、9歳で4回目を接種するのが一般的。3歳児を持つ京都府内の女性は10月、予約していた2回目について病院から「確保できない。キャンセルしてほしい」と電話があったといいます。

 いつ入荷するかの言及はなく、「また問い合わせてほしい」というばかり。女性は「待っていればいいのか、どうすればいいのか」と困惑した表情で話しています。

 各地の病院では夏ごろから、日本脳炎ワクチンのほか、1歳と小学校入学前年の計2回定期接種するMRワクチンの入荷が難しい状態になっており、大阪市生野区の「浦岡小児科」では、それぞれ40人近い子供が順番待ちをしています。神戸市北区の「わくこどもクリニック」でも、多い時で各20~30人が待っており、ほかの病院への問い合わせを促しているといいます。

 厚生労働省は9月、都道府県間でワクチンを調整するよう求める通知を出しましたが、解決には至っていません。京都府からの委託で予防接種の相談を受け付ける府予防接種相談センターには9~10月の2カ月間に、「どの病院にも断られた」との電話が計約60件ありました。大阪府医療対策課や神戸市保健所にも、同様の電話が相次いでいます。

 日本脳炎の国内の患者数は近年、中高年を中心に年間10人以下で推移していますが、この10年間で0~10歳児の発症が西日本を中心に8件あり、日本小児科学会は今年2月、患者が発生した地域などでは生後6カ月ごろからの接種を推奨。4月からは、定期接種の対象外だった北海道で、病気を媒介する蚊の生息域が温暖化で広がる可能性があるとして定期接種が始まりました。

 また、血液製剤などの不正製造が発覚した化学及血清療法研究所(化血研、熊本市)で一時、出荷が制限されたことも影響しているとみられます。

 MRワクチンでは、製造する阪大微生物病研究会、武田薬品、北里第一三共の国内3社のうち、北里第一三共が昨年10月以降、効き目が基準を下回る恐れがあるなどとして出荷停止中で、今年8月ごろから品薄状態に。

 2012年から風疹(三日ばしか)が流行したことを受けて成人のMRワクチン接種に補助を出す自治体が増加したことに加え、今年8月には関西空港の従業員らがはしかに集団感染したことなどを受け、成人の需要も増し、追い打ちをかけたとみられます。

 日本ワクチン産業協会によると、2014年に生産されたワクチンは、日本脳炎、MRとも約230万本。最新のデータは明らかにされていませんが、厚労省は「地域や銘柄ごとに偏りがあるかもしれないが、流通の全体量としては不足していないと考えている」として、推移を見守っているといいます。

 

 2016年11月17日(木)