健康創造塾

各種の健康情報を発信

■睡眠6時間未満が4割で過去最多に 厚労省が国民健康・栄養調査

 

 厚生労働省の2015年国民健康・栄養調査で、1日の平均睡眠時間が6時間未満の人の割合が39・5%で、過去最多になったことがわかりました。

 調査は2015年11月に、全国約3500世帯を対象に実施。

 1日の平均睡眠時間は、6時間以上7時間未満が最も多くなりました。6時間未満の人の割合は、2007年には28・4%でしたが、ほぼ毎年増え続け、2015年には39・5%に達しました。6時間未満の男性の44・5%、女性の48・7%が、日中に眠気を感じています。

 睡眠時間を確保する上での妨げを複数回答で尋ねたところ、6時間未満の男性では「仕事」が37・7%と最も多く、次いで体調が悪く寝付けないとして14・0%が「健康状態」を挙げました。女性では「家事」が21・0%、「仕事」が19・7%。

 年代別では20~30歳代で、「就寝前に携帯電話、メール、ゲームに熱中すること」が目立ちました。

 一方、栄養バランスのとれた食事を摂取しているかも調査。「主食」「主菜」「副菜」(野菜、海藻、キノコなど)を組み合わせた食事をほぼ毎日2回以上食べる人は、男性47・6%、女性52・7%でした。中でも、20歳代男性は39・1%、20歳代女性は38・4%にとどまりました。

 1回30分週2回以上の運動を続けている人の割合も、70歳以上の男性56%、女性38%だったのに対し、20歳代の男性17%、女性8%と、若い世代ほど低くなりました。

 特に20歳代女性は、9割以上が運動習慣を持たず、栄養バランスのとれた食生活を送っていない割合が高いなど、生活習慣に問題があることが浮き彫りになりました。

 

 2016年11月15日(火)