健康創造塾

各種の健康情報を発信

■高額ながん治療薬「オプジーボ」、最大50%値下げへ 来春までに

 

 患者1人で年間約3500万円かかる高額な新型がん治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)について、政府は薬価を緊急的に最大50%引き下げる方針を固めました。

 厚生労働省は最大25%引き下げる方針でしたが、首相官邸などが社会保障費の抑制が課題となる中で難色を示し、下げ幅を拡大します。

 16日にも、厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会中医協)に提案し、来春までに値下げします。

 オプジーボは日本発の画期的な免疫療法薬として、2014年9月に皮膚がんの一種であるメラノーマの治療薬として発売され、年間470人程度の患者で採算がとれるように、100ミリグラム約73万円と高めの薬価が設定されました。

 ところが、昨年12月に肺がんにも使えるようになり、対象患者が約1万5000人に拡大して販売額が急増。イギリスやアメリカでの薬価の2~5倍に上ることもあって「高すぎる」という批判が強まり、2年に1度の薬価改定(次回は2018年4月)を待たず緊急的に値下げすることで調整していました。

 値下げ幅は、薬の販売額が急増した場合のルールを活用。年間1000億円から1500億円なら最大25%、1500億円以上なら最大50%引き下げる仕組みです。

 オプジーボはメーカーの見込みでは出荷額ベースで1260億円ですが、厚労省は流通経費などを乗せると販売額が1500億円を超えると判断しました。

 

 2016年11月11日(金)