健康創造塾

各種の健康情報を発信

■携帯電話の事故、5年で239件に上る 重いやけど、住宅火災のケースも

 

 スマートフォンスマホ)などの携帯電話や周辺機器が原因で起きた事故が、2010年度からの5年間で計239件に上ることが、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の調べでわかり、28日に発表されました。

 一度曲がったスマホの充電用コネクターを曲げ戻して使用し続けた場合に発煙したり、携帯電話に強い衝撃が加わったことで電池パックの破裂が起こるということで、重いやけどや住宅火災につながったケースもありました。

 機器別では、スマホ本体71件、ACアダプター63件、スマホ以外の携帯電話本体41件、モバイルバッテリー35件の順に多くなりました。

 事故によるけが人は70人、うち5人が重傷、60人が軽傷。2013年10月に北海道の飲食店で起きた事故では、スマホ用のモバイル充電池が破裂し、1人が大やけどを負いました。火災も53件起きました。

 誤った使用や不注意など所有者に問題があって起きた事故は64件で、原因が判明している事故の46パーセントを占めました。充電器と接続する本体コネクター部分に無理な力を加えたり、飲料などをこぼしたりして発熱、発火したケースが目立ちました。

 製品評価技術基盤機構の担当者は、「毎日使う身近な道具だけに故障は起きやすい。特にコネクター周辺に不具合があったらすぐに使用をやめ、販売店に相談してほしい」と呼び掛けています。

 また、電気通信事業者協会は、「カタログに安全に充電できるように説明文を掲載するなど活動を進めていきます」と話しています。  内閣府の消費動向調査によると、2016年3月現在の携帯電話の世帯別普及率は95・3パーセントで、スマホのみでも67・4パーセントと高い普及率を示しています。また、タブレット型端末の普及率も32・0パーセントに達しています。

 このように、スマホなどは誰もが日常的に使う機器ですが、誤使用や不注意で思わぬ事故が発生しており、平素から取り扱いに注意して事故を未然に防止することが重要です。

 

 2016年4月28日(木)