健康創造塾

各種の健康情報を発信

■iPS細胞から皮膚全体を再生、世界初 理研などの研究チーム

 

 マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、毛を生み出す「毛包」や皮脂腺などを含む皮膚組織を丸ごと再生することに世界で初めて成功したと、理化学研究所理研)や北里大、オーガンテクノロジーズ社などの研究チームが発表しました。

 論文が1日付で、アメリカの科学誌サイエンス・アドバンシーズに掲載されました。

 将来、人のiPS細胞から皮膚組織ができれば、重いやけどや負傷、脱毛症の再生医療に使えると期待されます。

 理研の辻孝チームリーダーらは、大半の臓器が胎児期に上皮細胞と間葉細胞の相互作用でできることに着目し、試験管のコラーゲンゲルの中で再現する「器官原基法」を2007年に発表。これまでにマウス胎児の細胞から歯や涙腺、唾液腺を再生し、成体マウスや人間の毛包幹細胞から毛髪の再生に成功しました。

 辻リーダーらは今回、マウスのiPS細胞を使用。1週間培養すると外側に上皮細胞、内側に間葉細胞がある球状の固まり「胚様体」ができました。コラーゲンゲルに胚様体を約30個入れ、生きたマウスの腎臓皮膜下に移植すると1カ月後、移植した物の内部に皮膚組織ができました。

 その部分を別の毛が生えない免疫不全マウスの背中に移植した結果、血管や神経が接続して定着しました。毛が自然に生え替わり、少なくとも3カ月はがんになりませんでした。

 辻リーダーは、「iPS細胞の可能性として複数の組織や器官を一体で丸ごと作れることがわかったのは大きな進歩だ。重いやけどで皮膚を失った患者の治療に使えるように、人のiPS細胞を使って試験管の中で皮膚全体を作り上げる研究を進めたい」と話しています。

 試験管の中で培養できる組織の大きさは現在、約5ミリが限界。血管を作るなどして組織内部に酸素と栄養を供給する技術の開発が課題となります。

 

 2016年4月2日(土)