健康創造塾

各種の健康情報を発信

やけど

 

熱湯など高熱の物質に接した際に生じる皮膚の損傷

 やけどとは、熱湯、炎、蒸気、湯たんぽなど、高熱の物質に接した時に生じる皮膚の損傷。熱傷とも呼びます。

 数ある外傷のうち、最も危険な結果を招くことがあり、厳重な予防が必要です。最も多いのは家庭内で起こるやけどですが、重症例は火事や工場災害で多くみられます。

 症状としては、やけどの重症度を、その広さと深さにより判定します。ことに、皮膚が焼けた深さは、第1〜3度で表されます。

 第1度(表皮熱傷)は、いわゆる日焼けの状態で、放っておいても治ります。

 第2度(真皮熱傷)では、水疱(すいほう)ができ、深いものでは潰瘍(かいよう)を形成し、手術が必要となります。

 第3度のやけどでは、熱傷の深さが皮下組織に達して、皮膚は全く死んでいますので、自然に治ることはありません。

 そのほか、やけどは部位により治療が難しかったり、気管に火や煙を吸い込んで起こる気道熱傷のように、死亡率が非常に高くなるものもあります。年齢も救命に大きく関係し、年齢が低いほど重症です。

やけどの検査と診断と治療

 やけどでは、受傷したらすぐ水で冷やすことが治療の第一歩です。大きなやけどでは、衣服を脱がす前に水をかけ、冷やしてから救急隊に連絡し、専門医に連れていってもらうことです。

 重症のやけどでは、全身治療による救命がまず問題となります。

 局所的な治療としては、軟こうを塗布するのが主となりますが、成分が不明の軟こうなどは感染を助長することがあるので避けます。軽いやけどのように見える場合でも、感染を起こすと深くなり瘢痕(はんこん)を残すので、形成外科医の治療を受けます。

 一般に、やけどで死んだ皮膚を切り取って、自分自身の健康な皮膚を植える植皮の手術は、瘢痕の状態に応じて行います。