健康創造塾

各種の健康情報を発信

薬物乱用

 

医薬品の医療目的以外での使用、医薬品でない薬物の不正使用

 薬物乱用とは、覚醒(かくせい)剤など法律で使用が禁止されている薬物を不正使用したり、医薬品を本来の医療目的以外に使用、あるいは使用容量を大きく外れて使用すること。

 乱用される主な薬物には、覚醒剤、シンナーなどの有機溶剤、大麻、コカイン、ヘロイン、合成麻薬(LSDやMDMA)などがあり、医薬品には向精神薬睡眠薬、鎮痛薬などがあります。

 睡眠薬遊びやシンナー吸引は、たとえ1度でも薬物乱用に相当します。

 薬物は脳に作用して気分の変容、幻覚、興奮などを引き起こします。その快感を得ようと繰り返し使用するうちに、同じ量では効かなくなり、使用量や回数が増えて自分の意志だけでは止めることができなくなります。

 こうして薬物中心の生活に陥った状態が、薬物依存です。通常、薬物依存は薬物乱用よりも重症と考えられ、薬物を求める強い衝動があり、いろいろなトラブルがあっても薬物使用をやめられない状態です。