健康創造塾

各種の健康情報を発信

モートン病

 

足指や足指の付け根にしびれ、痛みを感じる疾患

 モートン病とは、体のバランスを保つ中足骨(ちゅうそくこつ)の間の神経がはれて、足指や足指の付け根にしびれ、痛みを生じる疾患。モルトン病、モートン神経腫(しゅ)、趾間(しかん)神経痛とも呼ばれます。

 古くから靴の文明が発達していた欧米人に多く見られた足指の神経痛の一種ですが、1876年にトーマス・モートンが足指の第3趾と第4趾の間の付け根にある神経の炎症であると報告して以来、モートン病という疾患名が使われるようになりました。

 日本では第2次世界大戦中に、多くの陸軍の歩兵がこのモートン病に悩まされたといわれており、行軍腫とも呼ばれています。戦後は、おしゃれな靴が好まれるようになり、多くの女性が悩まされることとなりました。

 ハイヒールや窮屈な靴の使用、足の前部に体重がかかる中腰の姿勢での作業、ランニングなどの反復性のスポーツ活動による足への負担、足底の横アーチの低下などが、モートン病の原因となります。足への負担によって、中足骨の間の神経が圧迫されることでしびれ、痛みを感じるようになります。一般的には、障害部位は第3趾と第4趾にまたがって起きます。

 足の中足骨は深横中足靭帯(じんたい)によってつなぎ止められていて、その間を指神経(固有底側指神経)と呼ばれる感覚の神経が通っています。そして、足指の第3趾と第4趾の間の付け根には、指神経が交錯する神経腫と呼ばれる神経の固まりがあります。

 この神経腫が深横中足靱帯と地面の間で圧迫されて、足指や足指の付け根にしびれ、痛みを生じるほか、第2趾と第3趾の間の付け根にある滑液包と呼ばれるクッションが繰り返される刺激によって炎症を起こして、指神経を圧迫し、足指や足指の付け根にしびれ、痛みを生じることもあります。

 症状として、前足部に体重がかかったり、ハイヒールや窮屈な靴を履くと、足指や足指の付け根にしびれ、痛みや、異物感を感じます。歩くだけで激しい痛みを感じる場合があり、足指にかけての知覚障害が発生する場合もあります。

 時には、痛みが下腿(かたい)まで及ぶこともあります。障害部位は、第2趾と第3趾、第4趾と第5趾にまたがることもあります。

 通常片側の足だけに生じるものの、時には両足に同時に障害が起こることもあります。圧迫部の近位に仮性神経腫といわれる有痛性の神経腫が形成される場合は、足底から第3趾または第4趾の付け根を圧迫すると痛みがあったり、前足部を手で両側から締め付けるようにすると痛みが誘発されます。

モートン病の検査と診断と治療

 整形外科、神経内科の医師による診断では、障害神経の足指間に感覚障害があり、中足骨頭間足底に有痛性の神経腫と、同部をたたくとその支配領域に放散痛が生じるチネルサインがあれば、診断は確定できます。

 また、足指を背屈するか、つま先立ちすると痛みが強くなります。

 確定診断には、X線(レントゲン)検査、筋電図検査、MRI検査、超音波検査などを必要に応じて行います。

 整形外科、神経内科の医師による治療では、ハイヒールの使用や中腰での作業の禁止といった局所の安静、抗炎症剤などの薬剤内服、足の横アーチを支える足底板の靴底への挿入、筋肉の伸びを制限することで痛みの緩和を図るキネシオテーピング 、靴の変更、運動療法、痛みを和らげるブロック注射などを用いた保存的療法を行います。

 発症から治療までの期間が短ければ短いほど、保存療法で治る割合が高くなっています。鍼灸(しんきゅう)治療が有効な場合もあります。

 3カ月ほど様子を見て症状が回復しないものでは、手術が必要になることもあります。手術には、神経剥離(はくり)、神経腫摘出、深横中足靱帯の切離などがあります。

 予防は、不適合な靴を履かないこと、足の前部に体重がかかる中腰の姿勢での作業を長く続けないことが一番ですが、歩きすぎや肥満も原因になります。