健康創造塾

各種の健康情報を発信

ヒステリー性失声症

 

心因的なストレスが発症の原因

 ヒステリー性失声症とは、心因的なストレスが原因となって、声が出ない、話せない、声が出てもかすれ声や、しわがれ声になってしまう病気です。心因性失声症とも呼ばれています。

 30歳以上の女性に多くみられ、突然、声が出なくなるため、周囲の人たちも驚きます。

 心理的な要因によることが多く、これに性格が反映して発症します。周囲への依存性が高く、自己顕示欲が強いなど、ヒステリー性格を持っている人に多い、と分析されています。

 心理的に厳しい立場に立っている時、欲求が満たされない時など特殊な状況下では、内的な葛藤を自分で処理することができなくなり、性格が未熟な人では、体に症状として現れてきてしますのです。一種の逃避である場合もあります。

 放っておいても、自然治癒することが多い病気ですが、なかなか治らなかったり、繰り返し発症する場合は、耳鼻咽喉(いんこう)科を受診しましょう。声帯などに異常がないことが判明した場合は、精神科や心療内科を受診しましょう。

ヒステリー性失声症の治療

 精神科などでのヒステリー性失声症の治療では、発症の原因になっている心理的な要因を探ります。

 医師の説明を受け、本人が病歴とともに生育暦、生活暦などを、よく把握することが大切となります。

 その上で、発声の訓練と、カウンセリングなどによる心理療法の二つの治療が進められ、精神安定剤を用いることもあります。

 治療効果が高いため、病気は比較的すぐ、だいたい1週間くらいで治るのが、一般的と見なされています。