健康創造塾

各種の健康情報を発信

肺カンジダ症

 

カンジダ菌の感染によって肺炎を起こす疾患

 肺カンジダ症とは、真菌(かび)の一種のカンジダ菌の感染によって肺炎を起こす疾患。真菌類が感染して起こる肺真菌症の一つに数えられます。

 カンジダ菌は本来、人間の口腔(こうくう)、消化管、陰部などに常在し、普通は害を及ぼしません。これが全身や気道、肺の抵抗力の低下、抗がん剤や副腎(ふくじん)皮質ホルモン(ステロイド剤)の長期服用などを切っ掛けに増殖し、感染症を引き起こします。

 特に、カンジダ・アルビカンスが圧倒的に多い原因菌となり、カンジダ・トロピカーリス、カンジダ・パラプシローシスなどが原因菌となることもあります。

 せきやたん、血たん、発熱、胸の痛みなどがみられますが、これらの症状が現れないこともあります。

 重症の時は、大量の喀血(かっけつ)や呼吸困難になることもあります。

カンジダ症の検査と診断と治療

 胸部X線検査やCT検査が行われます。また、たんなどから原因となるカンジダ菌の種類を調べます。血液検査で、カンジダ菌に対する抗体があるかを調べることもあります。

 治療としては、原因となっている薬剤がある場合は中止し、同時にフルコナゾール(ジフルカン)、イトラコナゾールフルシトシン、アムホテリシンB(ファンギゾン)などの抗真菌剤を用います。また、薬でカンジダ菌の活動を抑えた後、外科的に切除することもあります。

 普通の肺炎よりも治りにくく、治療にも時間がかかります。治療中は安静にして、栄養を十分に摂取することが大切です。免疫機能が衰えている場合は、改善されなければ肺カンジダ症は再発してしまうことになります。