健康創造塾

各種の健康情報を発信

精巣上体結核

 

結核菌が精巣上体に感染して起こる疾患で、肺外結核の一種

 精巣上体結核とは、結核菌が男性の生殖器である精巣上体に感染することによって起こる疾患。

 副睾丸(ふくこうがん)結核とも、結核性精巣上体炎とも呼ばれ、また肺外結核の一種であり、男性性器結核の一種でもあります。

 精巣上体、すなわち副睾丸は、男性の陰嚢(いんのう)内に左右各1個あって卵形をしている精巣、すなわち睾丸の上面、および後面に付着している精巣付属器の一つになります。精巣上体は、内部に精巣上体管を内包していて、この精巣上体管は、精巣で産生している精子の通路である精路の一部になります。 また、精巣上体は、精子を運ぶだけでなく、精液の液体成分である精漿(せいしょう)の一部の産生も行っています。

 精路はこの精巣上体から、精嚢腺(せいのうせん)と前立腺(ぜんりつせん)につながり、そこで分泌された精液と一緒になって尿道に出ていくのが、射精です。

 精巣上体結核の原因菌となる結核菌は、正式な名称をマイコバクテリウム・ツベルクローシスで、グラム陰性無芽胞性桿菌(かんきん)に所属する抗酸性の細菌。この結核菌は、酸、アルカリ、アルコールに強い上に乾燥にも強く、また空気感染を引き起こします。

 基本的には、その多くは肺に孤立性の臓器結核を発症する肺結核の病原菌になりますが、低い頻度ながら、肺外結核と呼ばれる肺以外への結核感染症を引き起こします。

 肺外結核は、主に結核菌が血管を通って全身にばらまかれ、そこに病巣を作る粟粒(ぞくりゅう)結核によって起こります。腎(じん)臓とリンパ節に起こるものが最も多く、骨、脳、腹腔(ふくこう)、心膜、関節、尿路、そして男女の生殖器にも起こります。

 男性性器結核は、結核菌が前立腺、精巣上体、精巣、精嚢腺、精索に病巣を作ることによって起こり、その一種の精巣上体結核は、結核菌が精巣上体に病巣を作ることによって起こります。

 結核菌が血管を通って前立腺、精巣上体、精巣などに連続的に感染することが多く、一方では腎臓、尿路の結核に続発して尿路、精路に沿って逆行性に感染し、また精路周囲のリンパ管からリンパ行性に感染し、炎症を起こして、精巣上体などに硬い凹凸のあるはれを生じます。

 感染部位のはれが起こっても、ほとんどは自覚症状はないものの、時に精巣の痛み、違和感、不快感、下腹部痛を生じることもあります。

 また、精巣上体の結核は精路の物理的閉塞(へいそく)から、精巣の結核精子を産生する精巣機能の障害から、男性不妊症の発生に関連する場合があります。特に長期的、慢性的に炎症が継続すると、男性不妊症の発生頻度が上昇しやすくなります。

 感染が進行すると、精巣上体と精巣の境界がわからないほどの一塊となったはれがみられたりして、最終的には精巣上体と精巣を破壊することもあります。初めは片方の精巣上体と精巣にはれが起きるケースがほとんどですが、放置すると両方に起きる恐れもあります。

 結核が減少している近年では、結核の二次的発症である精巣上体結核の頻度は低下しています。

精巣上体結核の検査と診断と治療

 泌尿器科の医師による診断では、血液検査や尿検査、前立腺液検査、ツベルクリン反応検査などを行い、体内に結核菌があるかどうかを調べます。なお、精液からの結核菌の証明は困難です。

 精巣上体が結核にかかっている場合には、痛みや発熱などの症状がなくても、硬い凹凸のある数珠状のはれがみられたり、精巣と一塊となったはれがみられたりするので、触診による検査を初めに行うこともあります。

 精巣上体結核に尿路結核が併発していることが多いため、静脈性尿路造影ないし逆行性尿路造影、CT(コンピュータ断層撮影)検査、膀胱(ぼうこう)鏡などの画像検査を行うこともあります。

 また、前立線や精巣などにがんなどの腫瘍(しゅよう)ができている場合にも、同じようなはれが現れたり下腹部痛を感じる場合があるため、前立線がんなどの検査を同時に行うこともあります。

 泌尿器科の医師による治療では、抗結核剤の投与による化学療法を中心とする内科的療法を行います。

 肺結核に準じて、普通、最初の2カ月間はリファンピシン、ヒドラジド、ピラジナミド、エタンブトールまたはストレプトマイシンの4種類の抗結核剤を投与し、その後はリファンピシンとヒドラジドの2種類の抗結核剤の投与にし、合計6カ月で治療を完了します。

 ピラジナミドを初め2カ月間使うと殺菌力が強く有効ですが、80歳以上の高齢者や肝機能障害のある人には使えません。この場合には、治療は6カ月では短すぎ、最も短くて9カ月の治療が必要です。

 抗結核剤の投与によっても完治しない場合には、精巣上体だけを摘出する外科的療法、あるいは精巣上体を含めて精巣、精嚢腺、前立腺まで摘出する外科的療法を検討することもあります。

 腎結核により片方の腎臓の機能が完全に失われている場合には、内科的療法の前に腎臓を摘出する外科的療法を先行することを積極的に検討します。

 自覚症状があまり現れないため、結核菌が発見されて治療が始まっても、薬の服用を忘れてしまったり自己判断でやめてしまう人もいます。しかし、結核菌は中途半端な薬の使用で薬に対する耐性ができてしまうこともあるので、服用の必要がなくなるまできちんと検査を受ける必要があります。

 早期発見、早期治療を行えば精巣上体結核は治りますから、これが原因となっていた男性不妊症であれば、性パートナーの女性が妊娠する可能性も高くなります。