健康創造塾

各種の健康情報を発信

顔面神経痛

 

顔面の片側に発作的な激しい痛みが起こる神経痛

 顔面神経痛とは、顔面の片側に発作的な激しい痛みが起こる神経痛。正式な呼称ではなく、正しくは三叉(さんさ)神経痛と呼ばれます。

 顔面神経は顔面にある筋肉を動かす運動神経のことであり、三叉神経は痛さ熱さなどを感じる知覚神経のことであり、厳密には、顔面神経痛という疾患は存在しないのが実態です。

 一般的にいう顔面神経痛、すなわち三叉神経痛は、中年以後から認められ始め、女性にやや多い傾向があります。

 脳から出て顔の左右に広がるのが知覚神経である三叉神経で、顔面の感覚を脳に伝えるほか、物をかむ際に使う筋肉をコントロールしています。名前のとおり、三本の枝に分かれていて、第一枝の眼神経は前頭部から目、第二枝の上顎(じょうがく)神経は頬(ほお)から上顎(あご)、第三枝の下顎(かがく)神経は下顎にかけて分布しています。

 この分布に沿って、ズキンとする激しい痛みが、あくび、会話、歯磨き、咀嚼(そしゃく)、洗面などの刺激で起こり、時には冷たい風に当たるだけで起こります。

 普通は頬と顎に痛みがよく起こり、顔の片側全部に痛みが渡るケースもあります。一回の痛みは数秒から数分と瞬間的ながら、痛みの発作が短い時は数時間、長い場合には数週から数カ月も繰り返し起こるのが特徴。痛みの発作のない間欠期には、神経症状は全くみられず無症状です。

 原因がよくわからず、特発性三叉神経痛といわれるものが大部分ですが、近年の研究においては、動脈硬化などで蛇行した血管が三叉神経を圧迫して、痛みを誘発していると考えられています。

 また、症候性三叉神経痛といわれるものもあり、こちらは頭部の腫瘍(しゅよう)や動脈瘤(りゅう)、三叉神経の近くにある歯や耳、目、鼻などの疾患、多発性硬化症帯状疱疹(たいじょうほうしん)などによって引き起こされますが、強い発作性の痛みはないのが特徴です。

 一般的にいう顔面神経痛、すなわち三叉神経痛による悩み、不安を感じている場合、神経内科脳神経外科、麻酔科(ペインクリニック)を受診することが勧められます。

顔面神経痛の検査と診断と治療

 神経内科脳神経外科、麻酔科(ペインクリニック)の医師による診断では、MRI(磁気共鳴画像)検査を行って三叉神経のそばに血管を確認できれば、通常、その血管が神経を圧迫していると判断します。

 神経内科脳神経外科、麻酔科(ペインクリニック)の医師による治療では、薬物療法、神経ブロック、手術、ガンマナイフなどを行います。

 薬物療法においては、痛みの発作を予防する働きを持っている抗てんかん剤のテグレトールと呼ばれる薬の内服が有効です。痛みがきれいになくなるという大変有効な薬ですが、注意が必要な面もあります。量が多いとふらつきなどの副作用が出たり、まれに白血球が減る副作用も確認されています。

 薬物療法を行っても、期待される効果がみられない場合、神経ブロックを行うこともあります。痛みのある部分に麻酔薬を注射したり、電気凝固して痛みを緩和する方法ですが、原因を治しているわけではないので、根本治療ではありません。仮に症状が軽くなっても、完全に治るわけではないのです。

 根本から治すには、手術療法を行います。手術では、三叉神経を直接圧迫している血管を見付け出し、三叉神経と血管の間に筋肉片あるいは綿などを入れて、神経に対する圧迫を除きます。

 ガンマナイフは、三叉神経根の部分に放射線を集中照射することで、痛みを緩和するものです。しかし、2013年時点で、保険適応外治療となるので、実費の負担が必要です。

 日常生活では、体の過労と精神的ストレスを避けて、規則正しい生活をすることが大切。痛みが始まったら、部屋をやや暗くして刺激を避けるようにします。