健康創造塾

各種の健康情報を発信

陥入爪

 

つめの甲が弓なりに曲がり両側縁に食い込んだ状態

 陥入爪(かんにゅうそう)とは、つめの甲が両側縁に向かって深く湾曲して、側爪廓(そくそうかく)に食い込み、爪廓部を損傷する状態。陥入爪が高度に湾曲したものを、巻きづめと呼んでいます。

 足のつめに起こることがほとんどで、まれには手のつめにもみられます。統計的に欧米人に多く、また3対1の割合で男性に多いとされていましたが、近年では、日本人の間にも急速に増加し、ことに若い女性での発生が目立ちます。

 主な原因は、先天的なつめの異常、つめの外傷、つめの下がうむ疾患であるひょうそ後の変形です。これに、窮屈な先の細い靴によるつめの圧迫、不適当なつめ切り、立ち仕事や肥満による過度の体重負荷ないし下肢の血流障害、あるいは、つめの水虫によるつめの甲の変形などが加わって、悪化します。

 つめの甲の端が爪廓にくい込むと、圧迫によって痛みを生じます。また、陥入したつめの甲が爪廓の皮膚を突き刺すようになると、指の回りがはれたり、その部分を傷めて痛みが増強します。

 つめの甲の端が変形して起こるため、肉眼で確認しづらい状態で進行していくことが多く、気付いた時には皮膚に深く食い込んでしまっていることもあります。場合によっては、出血を起こすほどにつめが深く突き刺さってしまうこともあります。

 この傷に、ばい菌が入ると、より赤くはれ上がってくるとともに、赤いできものを生じるようになります。これを化膿性肉芽腫(かのうせいにくげしゅ)と呼びます。

陥入爪の検査と診断と治療

 ひょうそなどの感染は、陥入爪を誘発したり、悪化させたりするため、早期に適切な治療を必要とします。

 陥入爪の再発を繰り返す場合や、側爪廓の盛り上りが強すぎて歩行に支障を来すような場合には、皮膚科専門医による外科的治療を行わないと完治しません。

 治療法の基本となるのは、つめの端を皮膚に刺さらないように浮かせて伸ばし、とげ状の部分をカットする方法と、手術でつめの端を取り除く方法です。つめの変形が強くなるため、原則的に抜爪は行われません。

 樹脂製のチューブをつめの端に装着するガター法も、行われています。つめを切開して、つめの端をチューブで包むことで指の組織を保護するのが目的で、傷口が化膿している場合などに、ガーター法は行われます。同時に、ワイヤー矯正術も行われ、つめの湾曲を修正します。

 陥入爪を治療するためではなく、化膿した組織を治すためには、硝酸銀が使われます。硝酸銀を陥入爪でできた傷口に滴下し、傷口を溶かし正常な組織への再生を促します。硝酸銀が滴下された皮膚は、しばらくの間、黒く染色されます。

 陥入爪がひどい場合には、つめの元となる組織である爪母を除去する外科手術を行って、改善を図ります。爪母を外科手術で除去する鬼塚法と、薬品で爪母を焼き取るフェノール法がありますが、どちらも再発する可能性があるというデメリットがあります。近年では、レーザーメスを使って爪母を切除する方法も開発されています。いずれにしろ、外科手術は最後の手段となる場合がほとんどです。

 生活上の注意としては、まず足指を清潔に保つことが大切なので、多少ジクジクしていても入浴し、シャワーでばい菌を洗い流します。ばんそうこうなどで傷口を覆うと、かえって蒸れてばい菌が増殖します。消毒した後、できれば傷を覆わないか、風通しのよい薄いガーゼ1枚で覆います。

 窮屈な靴、特にハイヒールや先のとがった革靴などは、つめを過度に圧迫するので避けます。つめ切りの際には、かえって陥入爪を増強させる深づめにしないように気を付けます。