健康創造塾

各種の健康情報を発信

嵌頓痔核

 

進行した内痔核が脱出して血栓を形成し、はれ上がって元に戻らなくなった状態

 嵌頓痔核(かんとんじかく)とは、進行した内痔核が脱出した際に、脱出部が肛門(こうもん)の括約筋で締められて血栓を形成し、はれ上がって元に戻らなくなった状態。嵌頓性痔核、急性血栓性内痔核脱出とも呼ばれます。

 嵌頓とは締め付けられて脱出した臓器を完全に戻すことができなくなった状態を意味し、嵌頓痔核は肛門周囲の静脈が膨らんで、いぼ状のこぶになった痔核の急性期に相当します。

 直腸と肛門を隔てる歯状線を境にして、内側の直腸にいぼ状のこぶできる内痔核がある時に、強く息むなどの過度の力が加わると、嵌頓痔核を起こします。内痔核を持った女性が出産する時に起こることも多いとされます。

 内痔核が脱出した際に、脱出部がたまたま肛門の括約筋で首を締められたような状態となって、その中の静脈に急激なうっ血を来して浮腫を生じ、血栓を形成した結果、はれ上がります。そのために元に戻るのが困難となり、脱出したままとなって、ますますはれ上がった状態になります。

 激しく強い痛みを伴うことが特徴で、放っておくと、さらにはれが大きくなり、痛みもさらに強まります。嵌頓部分からは、出血したり分泌液が出て下着を汚すようになります。

 脱出部を押し込もうとして、かえって刺激し症状を悪化させてしまうこともあります。はれがひどくなると、歩行も正座も困難となります。

 入浴したり、温湿布で温めると、はれがひきますし、放置しても2週間程度で痛みはひきます。

 しかし、血栓が肛門周囲にたまって、はれてくる血栓性外痔核を合併している場合は、肛門の入り口の変形がひどくなり、肛門の出口の伸展が悪くなって裂肛の原因にもなりますので、肛門科の医師を受診し治療を受けたほうがよいでしょう。

 痛いからといって便を出さないようにすると、余計に痛みが強くなりますので、可能な限り便は普段と同じように出してしまうのがよいでしょう。

嵌頓痔核の検査と診断と治療

 肛門科の医師による診断では、肛門部に指を挿入して触れる直腸肛門指診と、肉眼で観察する視診を行います。内痔核は通常指診では触れることが難しいので、肛門鏡を使用して直接観察することでより正確に診断できます。

 肛門科の医師による治療では、まず保存的療法を行い、肛門部を温めたり、きれいにしながら座薬、軟こうを使い、抗炎症薬、消炎酵素薬、消炎鎮痛薬を内服します。普通は保存的療法によって1週間以内に痛みはとれ、嵌頓部は1カ月以内に元に戻ります。

 ただし、脱出するようになった痔核は治るわけではないので、嵌頓状態のままで手術をすることもあります。普通は保存的に治療し、嵌頓部を戻るようにさせてから手術を行うかどうかを検討します。

 血栓が大きくて痛みが強い場合、薬を使っても治らない場合、何回も同じところがはれる場合、表面が破れて多量の出血が起こっている場合には、痛みを除き皮膚の変形を防止するためにも、局所麻酔で嵌頓部を舟型に切開し、血栓を摘出(てきしゅつ)する結紮(けっさつ)切除法という簡単な処置を行います。この血栓切除は、外来で3分くらいでできます。

 血栓を切除すれば、すぐに痛みが消失します。切除後1週間くらいは無理せず、運動や旅行などを控える必要があります。血栓を切除した後は1~2週間ほど、傷口から少しずつ出血が続くことがありますが、血栓が吸収されてなくなれば、自然にしぼんで消えてなくなります。

 こぶが非常に大きく、痛みが非常に強い時は、手術が必要です。内痔核結紮切除法を組み合わせて、嵌頓部を取ります。大きな痔核が吸収されるのは時間がかかりますし、局所麻酔で血栓だけ取る方法では術後に肛門周囲に皮垂(ひすい)ができ、痔核は治っても肛門周囲が不潔になりやすく、余病を招く恐れがあるからです。

 治療後も、再発の可能性は残っています。治ったと安心しすぎて無理をしたり、生活習慣が乱れて便通がコントロールできなくなったりすると、再発の可能性は高まります。便秘や下痢をしないような日常生活の習慣や食事に気を付けることが、大切です。

 さらに、入浴を十分に行い、温めることが、痛みを取り、早く治すのに大切です。入浴時だけでなく、簡易カイロのようなものを下着の上から当てて温めるのも効果的です。

 肛門部をきれいにしておくことも必要で、入浴の際だけでなく、排便後も肛門を紙でふくだけでなく温湯できれいに洗うようにします。

 肛門部に負担をかけないよう、力仕事、スポーツ、長時間のドライブは控え、アルコール、刺激物なども控えます。