健康創造塾

各種の健康情報を発信

感染性結膜炎

 

細菌やウイルスが目に感染し、眼瞼結膜、眼球結膜に炎症が起こる疾患

 感染性結膜炎とは、細菌やウイルスの感染によって目の結膜に炎症が起こる疾患。目の充血、痛み、かゆみ、目やになどが主な症状です。

 結膜は、上下のまぶたの裏側と、眼球の表面から黒目の周囲までを覆っている、薄い粘膜の部分を指します。まぶたの裏側を覆っている部分は眼瞼(がんけん)結膜、白目の表面を覆っている部分は眼球結膜と呼ばれています。一方、黒目の部分を覆っている粘膜は角膜と呼ばれています。

 その結膜の働きは、直接、外界に接している目を異物の侵入から守ること。そこで、結膜には抗菌作用のある粘液や涙液が分泌され、常に作られている涙で目の表面を潤して防御しているのですが、多くの細菌やウイルスにさらされたり、睡眠不足、過労などで抵抗力が落ちている時には、炎症を起こすことがあります。

 感染性結膜炎の原因には、大きく分けて、細菌による感染と、ウイルスによる感染があります。細菌性結膜炎もウイルス性結膜炎も感染力が強く、人から人へ、あるいは感染した目からもう一方の目へとたやすく移ります。

 細菌性結膜炎の原因となる細菌には多くの種類が存在しますが、代表的なものはインフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌クラミジア菌、淋(りん)菌。

 通常よくみられる細菌性結膜炎は乳幼児や学童期に多く、原因菌はインフルエンザ菌が最も多いようです。発症時期は冬期が多く、風邪にかかった時に起こりやすいといわれています。

 肺炎球菌の場合は、インフルエンザ菌に比べて罹患(りかん)年齢がやや高い傾向にあります。

 黄色ブドウ球菌による細菌性結膜炎は、高齢者の慢性細菌性結膜炎の代表的な疾患です。黄色ブドウ球菌は、健康な人ののどや鼻、皮膚、手指、毛髪、腸管などにも分布しています。感染力が弱いため、感染の危険は大きくありませんが、目にけがをした時、病気などで体の抵抗力が落ちた時は、高齢者や子供が感染しやすくなります。

 クラミジア菌、淋菌は主に性感染症(STD)で知られる細菌ですが、感染者の手などが感染源となり、接触感染を通じて細菌性結膜炎を発症することがあります。

 細菌性結膜炎の主な症状は、目の充血や眼球の痛み、大量の目やにが出ること。放置しておくと、結膜だけではなく角膜にまで感染し、角膜が混濁して、永久に視力が低下したままになる危険性も伴います。

 原因となる細菌により症状に多少の差があり、インフルエンザ菌や肺炎球菌の場合は、結膜の充血と粘液膿性(のうせい)の目やにが現れます。肺炎球菌の場合は、時に小点状の出血斑(はん)や軽度の結膜のむくみも現れます。黄色ブドウ球菌の場合は、成人では眼瞼結膜炎の形で慢性的にみられることが多く、角膜にも病変が存在することもあります。

 一方、ウイルス性結膜炎の原因となるウイルスには、アデノウイルスエンテロウイルス、コクサッキーウイルス、ヘルペスウイルスなどがあります。いずれも他人の分泌物などからウイルスが体に入って発症するものであり、他人に感染させる力も強く、家族内感染や学校内の集団感染などの原因になります。

 夏風邪のウイルスの一種であるアデノウイルス8型を主に、19型、37型、54型も原因となるウイルス性結膜炎には、まず流行性角結膜炎があります。

 はやり目とも呼ばれ、白目が充血し、目やにが出て、目が痛くなることもありますが、かゆみはほとんどありません。耳の前やあごの下にあるリンパ節がはれることもあります。感染してから約1週間で発症し、それから1週間くらいがピークで、次第によくなります。

 同じアデノウイルス3型、4型、7型が原因となるウイルス性結膜炎には、咽頭(いんとう)結膜炎もあります。

 プール熱とも呼ばれ、突然39度くらいの高熱が出て、のどがはれ、目が充血したり、目やにが出るなどの症状が出ます。悪化すると、肺炎になることもあります。感染してからの経過は、流行性角結膜炎とほぼ同じです。

 エンテロウイルス70型やコクサッキーA24変異株が原因となるウイルス性結膜炎には、急性出血性結膜炎があります。

 症状は急性で、目が痛くなったり、目やにが多くなり、白目に出血がみられることもあります。ひどくなると、黒目の部分の角膜に小さな傷ができることがあります。感染した翌日くらいから発症し、1週間くらいでよくなってきます。

 単純ヘルペスウイルスが原因となるウイルス性結膜炎には、ヘルペス性結膜炎があります。

 ウイルス性結膜炎の一種ではあっても、あまり他人に移ることはありません。症状としては、白目が充血したり、目やにが多く出たりするのに加え、目の周囲の皮膚面に赤く小さな水疱(すいほう)が出ることもよくあります。角膜ヘルペスを合併することもあります。

感染性結膜炎の検査と診断と治療

 眼科の医師による診断では、目の表面を拡大して見る細隙灯(さいげきとう)顕微鏡を用いて結膜を丹念に調べます。

 症状からほぼ類推することができますが、感染性分泌物のサンプルを採取して培養し、原因となっている細菌やウイルスを特定することもあります。しかし、このような検査は通常、症状がひどい時、再発した時、クラミジア菌や淋菌が原因と考えられる時にのみ行います。

 眼科の医師による細菌性結膜炎の治療では、原因菌に対する感受性の高い抗菌剤を配合した点眼剤による症状の改善が基本となります。細菌の種類によっては、抗菌剤を配合した眼軟こうや、抗菌剤の内服も必要となります。治療が適切な場合は、約1~2週間で完治します。

 細菌性結膜炎の症状が治まってきたころに、黒目の部分を覆っている角膜の表面に、小さな点状の濁りが出てくることがあります。この時に治療をやめると、角膜が混濁して視力が低下することがありますので、眼科医の指示に従って点眼などの治療を続けることが必要となります。

 眼科の医師によるウイルス性結膜炎の治療では、流行性角結膜炎咽頭結膜炎、急性出血性結膜炎の場合、結膜炎の段階での有効な薬剤がないため、対症療法的に抗炎症剤の点眼を行い、細菌による混合感染を防ぐために抗菌剤の点眼を行います。

 さらに、角膜炎の症状が認められる際は、ステロイド剤の点眼を行います。熱が高い時は、解熱剤を使います。

 ヘルペス性結膜炎の場合、単純ヘルペスウイルスに対して効果がある抗ウイルス剤の眼軟こうを目に塗ります。また、症状によっては抗ウイルス剤の内服や点滴治療を併用することもあります。

 ウイルス結膜炎の感染を予防するには、目をこすった手やハンカチ、タオルなどから感染することがありますので、目に何らかの異常がある場合には家族であってもタオルなどを共用せず、手洗いをまめに行うなどが効果的です。