健康創造塾

各種の健康情報を発信

カンジダ性指間びらん症

 

主に手の指と指の間に、真菌のカンジダが増殖して起こる皮膚病

 カンジダ性指間びらん症とは、主に手の指と指の間に、カンジダという真菌の一種が増殖して起こる皮膚病。皮膚がびらんし、赤みを伴った状態になります。

 カンジダという真菌、いわゆるかびの一種は、もともと人間が持っている常在菌で、口腔(こうくう)や気管支、肺、腸管、膣(ちつ)内、皮膚などに常在して生息し、病原性が弱いため害を及ぼしません。

 しかし、疲労が重なったり、病気で体の免疫力が低下している時、あるいは妊娠している時、糖尿病にかかっている時などに、カンジダが増殖して病原性が現れると、さまざまな部位に炎症を引き起こします。

 その一つが、主に手の指と指の間に起こるカンジダ性指間びらん症です。

 発症すると、指の間の皮膚がむけて、ただれたようになり、赤くなります。びらん面の中心部は白色にふやけますが、かゆみはないか、あっても軽度。経過中、皮膚表面からはがれかけている葉状の薄皮である鱗屑(りんせつ)が、辺縁にみられることもあります。

 発汗が多い手の指の間に多くみられますが、足の指の間に生じることもあります。とりわけ、静止時に合わさっている利き手の第3指間、すなわち中指(第3指)と薬指(第4指)の間に生じやすく、皮膚がしばしばふやけた状態になってカンジダが増殖します。

 カンジダに属する真菌の中でも、カンジダ・アルビカンスが圧倒的に多い原因菌となり、カンジダ・トロピカーリス、カンジダ・パラプシローシスなどが原因菌となることもあります。

 このカンジダ性指間びらん症は、カンジダ性爪囲爪炎(そういそうえん)と合併することもあり、爪の基部が白く濁り、周囲の皮膚が赤くはれ上がり、悪化すると、爪と皮膚の間が化膿(かのう)して、うみが出たり、痛みが生じます。

 カンジダ性指間びらん症は、水仕事をする中年女性や、飲食店などに従事する男性に多くみられます。

 指の間の皮膚がびらんし、赤みを伴った状態になっているのに気付いたら、皮膚科、ないし皮膚泌尿器科を受診することが勧められます。カンジダ性指間びらん症から、内臓の疾患が見付かることもあります。

カンジダ性指間びらん症の検査と診断と治療

 皮膚科、ないし皮膚泌尿器科の医師による診断では、病変部の皮膚の表面をピンセットで軽く引っかき、採取した角質を顕微鏡で見る直接鏡検法KOH(苛性〔かせい〕カリ)法でカンジダに属する真菌を検出することで、確定します。

 カンジダに属する真菌の種類を特定するために、培養検査を行うこともあります。

 皮膚科、ないし皮膚泌尿器科の医師による治療では、内臓の疾患が見付からない場合、基本的に外用薬による治療で比較的簡単に治ります。1日1回、抗外用真菌剤を塗布します。それと同時に、患部を濡らさないように水から避けて、手を乾燥した状態に保つことが大切です。

 外用薬では、イミダゾール系のものが抗菌域が広く、カンジダに対しても有効性が高く、第一選択薬といえます。ネチコナゾール(アトラント)、ケトコナゾール(ニゾラール)、ラノコナゾール(アスタット)などの新しい薬は、抗菌力が強化されています。

 基剤としては、軟こう剤、クリーム剤、液剤、ゲル剤がありますが、カンジダ性指間びらん症などの皮膚カンジダ症ではただれの症状を示すことが多いので、刺激が少ないクリーム剤か軟こう剤が無難です。

 カンジダ性爪囲爪炎を合併している場合は、外用薬による治療だけでは治りにくいため、1日1回、抗外用真菌剤を塗布するとともに、抗真菌剤の内服を行います。

 内服薬では、トリアゾール系のイトラコナゾール(イトリゾール)が、抗菌域が幅広く、第一選択薬です。副作用は比較的少ないのですが、血液検査は必要で、併用に注意する薬剤があります。

 予防法としては、カンジダ性指間びらん症は水仕事の機会の多い中年女性や調理人などがかかりやすく、特にささくれ、小さい傷がある時にカンジダに属する真菌が入りやすくなりますので、指先に小さい傷がある時には、まめに消毒を行い、水などに指先をつける時には、手袋をして直接、触らないように注意する必要があります。