健康創造塾

各種の健康情報を発信

眼瞼内反症

 

まぶたの縁が反り返って、眼球側に入り込む疾患

 眼瞼(がんけん)内反症とは、まぶたの縁が眼球側に向かい、まつげやまぶたの縁の皮膚が眼球表面を刺激している状態。逆さまつげを生じる原因の一つです。

 この眼瞼内反症には、先天性のものと老人性(加齢性)のものが多く、まぶたの皮膚に近い側の前葉と眼球に近い側の後葉のバランスが崩れることで、前葉が余るか後葉が短くなることが直接的な原因となって、いずれも起こります。

 先天性の眼瞼内反症では、まぶたの内反の程度が軽く、皮膚などが過剰なため、まつげ全体の生える方向全体が内向きである場合、特に睫毛(しょうもう)内反症と呼ぶことがあります。乳幼児、若年者に多くみられるのが、睫毛内反症の特徴です。

 乳幼児の場合、まぶたの特に下まぶたの脂肪が過剰なためにふっくらとしていて、まぶた自体が内側を向いているもので、小学校入学時までにその脂肪も成人とほぼ同じになり、自然にまぶたが外側を向いてきて、ほとんどの場合、自然に治癒します。

 高齢者に多い老人性(加齢性)の眼瞼内反症では、皮下脂肪が少なくなって、上まぶたがやせてたるんでくるために、まぶたの縁が内反します。年とともに、まぶたの皮下の筋肉の筋力も低下し、目の周囲の筋肉である眼輪筋も緩み、眼球を取り囲んでいる脂肪が委縮して眼球が奥に移動し、そのぶん、まぶたの皮膚が少しあまり気味になることも原因となります。加齢によって涙の分泌も減っているため、目の症状が出やすいのが特徴です。

 また、これらのほかに、炎症などの結果、まぶたが変形して起こる瘢痕(はんこん)性の眼瞼内反症や、まぶたがけいれんして起こる眼瞼内反症もあります。いずれも、一並びのまつげ全体が眼球側を向くので、多くのまつげや皮膚が眼球表面の角膜や結膜に当たることになります。

 症状としては、幼児ではまばたきが多くて、目をよくこすったり、光をまぶしがったり、目やにや涙が多くなったり、目が充血したりします。生後間もない乳児では、まつげが細く軟らかいため、症状はあまり出てきません。

 小児、成人では、幼児の症状に加え、異物感、痛みなどが生じます。成長するとまつげが硬くなるため、結膜炎や、黒目の表面に白い濁りができる角膜混濁などを引き起こして、視力が低下してくる場合もあります。

眼瞼内反症の検査と診断と治療

 涙や目やにが多いなど同様の症状でも、結膜炎、眼瞼縁炎などの場合もあるので、早めに専門医を受診して、原因をはっきりさせることが大切です。

 眼科外来での診察では、まぶたの形状、まつげが角膜に接触していること、角膜の傷の程度などを診断します。常時まつげが角膜に接触している場合のほかに、眼球運動やまばたきの強さ次第で、まつげが角膜に接触する場合があります。

 先天性の眼瞼内反症、睫毛内反症の場合、成長とともに1歳前後で自然に治ることが多いので、それまでは抗生物質入りの点眼液や眼軟こうを用いて眼球を保護し、様子をみるのが普通です。

 2歳以上で治らない場合、さらなる成長に伴い自然治癒することも期待できますが、症状の強さ次第では手術を考えます。4~5歳になっても症状が軽減しない時などは、手術をします。上まぶたでは、切開式重瞼術を行います。下まぶたでは、過剰な皮膚と眼輪筋を切除し、皮膚と瞼坂と皮膚と縫合して内反を矯正します。

 老人性(加齢性)の眼瞼内反症では、まつげを抜くと一時的に症状は改善しますが、再びまつげが生えると同じことの繰り返しになります。また、抜くにしても、一並びのまつげ全体を抜く苦痛も決して軽くはありません。手術して治すほうが効果的です。

 きっちり治すには手術が必要で、まつげの毛根を電気の針で焼く睫毛電気分解や冷凍凝固、あるいは眼瞼内反手術に準じた手術などが行われます。簡単には治らない場合もあります。