健康創造塾

各種の健康情報を発信

眼瞼縁炎

 

まぶたの縁に起こり、再発を繰り返す炎症

 眼瞼縁(がんけんえん)炎とは、まぶたの縁のまつ毛の毛根を中心に、炎症が起きて赤くなる疾患。俗に、ただれ目と呼ばれます。

 原因には、体質、環境、感染、化粧品や薬剤に対するアレルギー反応、ビタミン不足などが考えられています。再発を繰り返し、長期経過をたどるものが多いようです。

 主に黄色ブドウ球菌がまつ毛の毛根、汗腺(せん)、皮脂腺に感染することで発症し、目やにが出て、まぶたの縁が赤くなり、小さいぽつぽつとした湿疹(しっしん)、膿疱(のうほう)ができ、かゆみを伴います。

 場合によっては、湿疹が破れたり、皮脂腺の分泌が少ないために黄色いかさぶたが付着することもあり、目の回りの皮膚がかさかさになってきます。

 体質的なアレルギーが原因で発症した場合は、ひどいかゆみを伴ってきます。

 再発を繰り返すことが多く、好転したり悪化したりしながら何年間も続くことがよくあります。

 まぶたが厚くなったり変形したりすることや、まつ毛の生え方の方向が不ぞろいになる睫毛乱生(し ょうもうらんせい)を起こすこともあります。重症化すると、まつ毛の欠損が起こることもあります。

眼瞼縁炎の検査と診断と治療

 眼瞼縁炎(ただれ目)の症状が現れたら、慢性にならないように早めに医師の治療を受けるようにします。途中で治療をやめると、再発を繰り返すこともあります。

 細菌感染による眼瞼縁炎の治療では、目の回りを洗浄した上で、抗生物質を点眼します。また、抗菌剤の点眼薬を利用したり、かさぶたができた部分に抗生物質あるいは副腎(ふくじん)皮質ホルモン(ステロイド剤)の軟こうを塗る方法もあります。

 アレルギーによる眼瞼縁炎の治療では、 化粧品や点眼薬、目の回りに付着した物など原因となっている物の使用をやめたり、取り除くことで治るため、全身検査を行って調べることもあります。原因となる物質には多くのものがあり、再発を防ぐためにも検査によって特定しておくとよいでしょう。

 薬剤や食物により、発疹やじんましんなどアレルギーを起こしたことのある人は、医師に報告しておくとよく、原則的に再使用すべきではありません。

 場合によっては、まつ毛を抜いて治療をしたり、抗生物質の全身投与を行います。治りにくい場合では、自己免疫療法を行うこともあります。ビタミン不足によるものでは、ビタミン剤の局所および全身投与を行います。

 日常生活における注意としては、目の回りに異常が見られたら、手でこすったりせずに安静を心掛け、清潔にして感染を広げないようにします。せっけんなどを使ってもよいのですが、なるべく皮膚に刺激が少ない物を利用するようにします。

 予防にも、顔を洗って清潔を心掛けることが一番。ビタミン不足など栄養問題があると、眼瞼縁炎を起こしやすくなりますから、日ごろから食事のバランスを保つことも心掛けます。