健康創造塾

各種の健康情報を発信

仮面うつ病

体の異常の仮面をかぶった、うつ病

 仮面うつ病とは、体の異常が前面に出ることで、気分が憂うつになったり、意欲が低下するなどの、本来のうつ病における精神症状が覆い隠されるうつ病のことです。

 従前にもみられましたが、身体的な症状の仮面をかぶったうつ病という意味で、近年広く用いられるようになりました。

 食欲不振、著しい体重減少、疲れやすい、頭痛、下痢、便秘、腹痛、めまい、筋肉痛、手足の冷えなどの症状を訴えて、初めは内科を受診するものの、医師の側でもうつ病を見逃して胃潰瘍片頭痛更年期障害などの病名が付けられるケースも、少なくありません。

 検査で明らかな異常は見当たらないのに、体の不調が長引く場合は、うつ病を疑う必要があります。精神科へ回れば、抗うつ薬による薬物療法が中心となりますが、本来のうつ病より治りやすいといえます。