健康創造塾

各種の健康情報を発信

仮性近視

 

目の疲労によって、一時的に近視と同じ症状を生じる状態

 仮性近視とは、目の中の毛様体筋の持続的緊張が起こり、近視と同じ症状を生じるに至った状態。偽近視、調節緊張性近視とも呼ばれ、近視に含めない考えで単に調節緊張とも呼ばれます。

 目には、近くを見る時に網膜上に正しく焦点を合わせるため、毛様体筋を働かせて水晶体を厚くし、屈折を強くする調節力が備わっています。子供などが試験前の猛勉強や読書、ゲームなどで、近い距離に長時間視点を合わせた場合には、毛様体筋の緊張が続いて一時的に水晶体が元の厚さに戻りにくくなり、軽い近視と同じ仮性近視になります。文字や画面の距離の近すぎのほか、照明や姿勢の不良も原因となり、軽い遠視がある子供がなりやすい傾向があります。

 子供の仮性近視は、あまり長時間近くを見ないように心掛けるだけで、いずれは治ります。しかし、仮性近視を放置して、同じような目に悪い生活習慣を続けると、症状はますます悪化して本当の近視になります。

 仮性近視にもかかわらず、眼鏡やコンタクトレンズを使用してしまった際にも、毛様体筋の緊張がなく、水晶体が薄くても楽に近くが見えるような目に適応し、本当の近視になります。学校の健康診断などで視力の低下が指摘された時は、すぐに眼鏡やコンタクトレンズを作る前に、まずは眼科で正確な屈折検査を受け、本当の近視なのか一時的な仮性近視なのかを調べることが大切です。

 授業の合間に行われることが多い学校の健康診断の場合は、教科書などの近くの文字を見た後にすぐ目の検査をすることになり、調節力が大人より強い子供では近くにピントがあったままになってしまい、遠くが見えない仮性近視を生じていることもある点に、留意が必要です。

 大人になると、毛様体筋の緊張が長時間続きにくくなるため、仮性近視は起こりにくくなります。ただし、パソコンを始めたりして目を酷使すると、大人でも仮性近視になりやすいので注意が必要です。時々、パソコン作業を中止して目を休めたり、遠くを見る必要があります。

仮性近視の検査と診断と治療

 子供の近視が増えている時勢ですが、子供の近視は大人の近視と違い、一時的な仮性近視の場合があります。視力が低下したからといって、すぐに眼鏡やコンタクトレンズを使用するのではなく、本当の近視なのか一時的な仮性近視なのかを眼科で検査する必要があります。

 眼科では、裸眼視力の測定、機械による屈折力の測定、眼鏡をかけての矯正視力の測定を行います。機械による屈折検査で近視がみられ、これを矯正する眼鏡をかけて視力が1・0以上あれば、近視です。調節をまひさせる点眼薬をさして、もう一度屈折検査を行い、屈折度が1D(ディオプター)以上遠視側、すなわち近視度が少ない方向に変化すれば、仮性近視と診断されます。

 わざとピントが合わないようにした眼鏡を20分ほどかけて、調節ができない状態から仮性近視を診断する雲霧(うんむ)法が行われることもあります。

 仮性近視と診断されると、ミドリン、もしくはサンドールという調節をまひさせる点眼薬を処方されます。この点眼薬を何日か寝る前にさすことにより、寝ている間に目の回りの筋肉である毛様体筋がリラックスし、近視が改善することがあります。

 ミドリンは本来、眼底を検査するために用いられる薬ですが、硬くなった毛様体筋を緩めることを目的に、濃度を薄めて用いられています。

 仮性近視ではない軽度近視の始まりの場合は、調節をまひさせるミドリンの点眼で近視を改善することは困難なものの、進行を遅らせる可能性はあります。しかし、黒板の字が見えにくいなどの不都合が生じた時点で、眼鏡やコンタクトレンズを作ることになります。

 仮性近視の進行を予防する一般的な注意事項としては、悪い姿勢や暗い照明の下で、勉強、読書、ゲームなどをしないことです。目に疲れが出たら、こまめに目薬を点眼するのも効果的です。

 そのほか、ブルーベリーなどのサプリメントの効果が期待できるのも仮性近視の特徴ですので、積極的に服用します。ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、視覚機能を高めるということから、近年とても注目されているところです。