健康創造塾

各種の健康情報を発信

過呼吸症候群

不安、興奮、緊張などが引き金に

 過呼吸症候群とは、ストレスなどが原因となって呼吸過多になり、頭痛やめまい、手の指先や口の回りのしびれ、呼吸困難、失神といった、さまざまな症状を起こすものです。

 呼吸が速く浅くなって、空気を吸い込みすぎる状態に陥り、血液中の二酸化炭素が少なくなるために起こるものです。

 傾向として、男性よりも女性、しかも若い世代に多く見られ、呼吸をしているのに空気が吸い込めないと感じて、「このまま死ぬのでは…」といった恐怖に駆られますが、これが命にかかわることはありません。

呼吸過多で呼吸が苦しくなる

 発作のきっかけは、心に抱えている不安や興奮、緊張、恐怖といったもので、これらが自律神経や呼吸中枢に影響します。時には、肉体的な疲労から起こることもあります。

 「呼吸が苦しい」と感じてしまうと、その不安感から余計に「呼吸をしよう、呼吸をしよう」とすることが、さらに症状を重くするといった悪循環をもたらします。

発作とうまく付き合う方法

 発作が起きた時は、紙袋を口にあてがい、袋の中で呼吸を行なう「ペーパーバッグ法」が有効です。血液中の二酸化炭素を増やすことができ、発作は次第に治まります。

 発作を何度も経験した人なら、どんなことがきっかけになって、どんなふうに治まるかが自分でわかってきます。

 例えば、ペーパーバッグ法を行いながら好きな音楽を聴くとか、常に精神安定剤を持ち歩いて心に余裕を持つとか、自分なりの方法が見付けられるはずです。  一度うまく対処できれば、それが自信につながり、徐々に発作も軽くなっていきます。