健康創造塾

各種の健康情報を発信

隠れ肥満

太って見えないにもかかわらず、体脂肪が多い状態

 隠れ肥満とは、身長と体重から求める体格指数BMIが肥満とされる25未満で太って見えないにもかかわらず、体脂肪が多い状態。

 体脂肪率が25パーセント以上の男性、同じく30パーセント以上の女性が相当します。

 運動せずに、食事制限だけでダイエットをした場合に多くみられます。食事を制限して炭水化物を減らしすぎると、体は不足するエネルギーを筋肉中の蛋白(たんぱく)質から作り、筋肉が減って脂肪は残るため、体重が減っても体脂肪率が多い隠れ肥満を招きます。

 自分は太っていると自覚している場合と違って、見た目はやせているから肥満じゃないと思っていて、体脂肪率が多い人も要注意です。

 ダイエット後のリバウンドを繰り返して脂肪が増えている人や、昔から体重が変わらなくても腹が出てきたり、腕の下の部分がたるんできたり、体形が崩れてきた人も要注意。

 隠れ肥満の解消には、単に食事制限だけでなく、ウオーキングや水泳などの有酸素運動を同時に行う必要があります。