健康創造塾

各種の健康情報を発信

胃酸減少症

 

胃で分泌される胃液中の胃酸が少ない状態

 胃酸減少症とは、食べ物を消化するために胃で分泌される胃液中の塩酸、すなわち胃酸が少ない状態。低酸症、減酸症とも呼ばれます。

 胃液の中に、胃酸がほとんどないか、全くない状態は、胃酸欠如症(無酸症)といいます。

 胃液は、強酸性で、pHは通常1〜1・5程度。塩酸、すなわち胃酸、および酸性条件下で活性化する蛋白(たんぱく)分解酵素ペプシンが含まれており、これによって蛋白質を分解して、小腸での吸収を助けています。同じく酵素のリパーゼは、主に脂肪を分解しています。

 胃液はまた、感染症の原因になる細菌やウイルスを殺菌したり、一部の有害物質を分解したりすることで、生体防御システムとしての役割も担っています。例えば、コレラ菌は胃酸によってほとんどが死滅してしまうため、大量の菌を摂取しない限り感染は起こりませんが、胃酸の分泌量が少ない胃酸減少症の人、胃酸の分泌がほとんどないか、全くない胃酸欠如症の人などでは少量のコレラ菌でも発症します。

 胃酸減少症は、胃液総酸度が30以下、塩酸含量0・1パーセント以下、pH1・59以上が相当します。

 この胃酸減少症を示す疾患の代表的なものは、慢性胃炎の中の委縮性胃炎。これは多くの日本人にみられますが、高齢になるに従い胃粘膜に委縮性変化が生じ、胃酸を分泌する壁細胞という細胞の数が減ってくるために、まず胃酸減少症の状態となり、これが高度になると胃酸欠如症になると考えられています。

 そのほかに、ビタミンB12や葉酸の欠乏によって生じる悪性貧血や、進行した胃がんなどで、胃粘膜に委縮性変化が生じた場合に、胃酸減少症がみられます。手術によって胃を切除した時にも、胃酸減少症が当然起こります。

 胃酸が少ないために、食べ物の消化作用に支障が起き、食後の胃のもたれ、膨満感、胸焼け、食欲不振、軽い下痢など、さまざまな症状が現れます。

 胃のもたれ、胸焼けなどの胃酸減少症で現れる症状は、慢性胃炎、十二指腸潰瘍(かいよう)、食道がん胃がんなどでもみられる症状であるため、異変に気付いたら内科、胃腸科、消化器科を受診して検査を受け、原因を確かめることが先決です。

胃酸減少症の検査と診断と治療

 内科、胃腸科、消化器科の医師による診断では、ガストリン、またはヒスタミンを注射し、チューブから胃液を採取する胃液検査で、胃酸分泌能を測ります。

 また、血中ペプシノーゲン値、特にペプシノーゲンのⅠ/Ⅱ比は、胃粘膜の委縮度と相関しているので、これを測ることによって胃酸分泌能を推測できます。

 慢性胃炎胃がんの診断には、X線検査や内視鏡が必要となります。

 内科、胃腸科、消化器科の医師による治療では、検査によって他の疾患が除外され、単に胃酸減少症で塩酸、すなわち胃酸の分泌量が少ないために、食べ物の消化作用に支障が起きている場合は、塩酸リモナーデなどの消化剤を服用します。

 慢性胃炎による胃の粘膜の委縮も、胃腺(いせん)の委縮も、元に戻すことはできません。安静を心掛ける、ストレスを避ける、消化のよい食事を取る、コーヒーや香辛料などの刺激物の摂取を避けるなど、日常生活の中で注意をしていきます。

 悪性貧血の治療は、基本的に鉄欠乏性貧血と同じで、不足しているビタミンB12か葉酸を補給すれば治ります。