健康創造塾

各種の健康情報を発信

胃がん

 

早期に発見できれば、ほとんど治る

 日本人に多く見られる胃がんは、早期発見でほとんど治すことができるようになってきました。

 検査法・治療法が飛躍的に向上したことにより、定期的に検診を受け適切な処置をすれば、過度に怖れる病気ではありません。

 とはいうものの、食べ物や嗜好品、ストレスなど、毎日の生活と密接な関係があり、食生活の見直しを中心にした胃をいたわる心掛けが大切です。

 一番の原因は食生活  胃の粘膜は粘液などで保護されていますが、刺激の強い食べ物を取りすぎると炎症を起こし、胃がんのきっかけを作ってしまうことがあります。

 塩分の取りすぎは禁物で、塩分摂取の多い地域で胃がんが多いことがわかっています。

 肉や魚の焦げ、喫煙、過度の飲酒などは、よくありません。特に、タバコの発がん物質は唾液に溶けて胃に入るので、胃がんの原因にもなるので注意が必要です。

 夜食、早食い、食べすぎといった不規則な食習慣やストレスも、胃に負担をかけます。

初期には特別な自覚症状はない

 胃が重たい感じ、食欲不振といった症状が長く続くようなら、医療機関で検査を受けてください。吐き気、嘔吐、下痢、便秘、タール状になった黒い便などの症状がある場合も、同様です。

 素人の判断で、かえって胃がんを進行させてしまう場合もあります。早期発見のため、おかしいと思ったらすぐに検査を受けましょう。定期的な検査も大切です。

主な検査

X線検査

 バリウム(造影剤)と発泡剤を飲んで、胃のひだの状態や変形の有無などを調べます。

 検査後は、バリウムを早く出すために水分を多く取るようにします。水分を補給しないと腸内でバリウムが固まり、出にくくなってしまいます。便秘がちな人は、検査後に渡される下剤を飲んでおくとよいでしょう。

内視鏡検査

  胃に細いファイバースコープを挿入し、患部を直接観察する方法です。X線検査などで異常が見付かった場合に行います。