健康創造塾

各種の健康情報を発信

赤ぶどう酒様血管腫

 

出生時から認められ、皮膚の毛細血管の拡張、充血でできる赤あざ

 赤ぶどう酒様血管腫(しゅ)とは、赤ぶどう酒のような鮮紅色から暗赤色をした平らなあざ。赤あざの一種で、ポートワイン母斑(ぼはん)、単純性血管腫、毛細血管腫とも呼ばれます。

 普通は出生時から認められ、形は不規則、境界は鮮明で、あざの表面が赤インクで染まったように見えます。顔面に最も多くみられますが、体のいずれの部位にも発生します。皮膚を圧迫すると、赤みは一時的に消えます。乳児の成長に比例して面積が増しますが、それ以上に拡大することはありません。

 自然に消えてなくなることはなく、加齢によって色調が濃くなります。また、加齢とともに少し膨らみ、いぼ様の隆起が出現することもあります。

 この赤ぶどう酒様血管腫は、胎児期における血管の構成上の形成異常により、真皮の上の部分の毛細血管が拡張、充血するために生じます。毛細血管の細胞が増殖することはありません。多くは、美容的な問題があるだけであり、放置してもかまいません。

 ただし、この型の大きな血管腫が目の周囲など顔の片側にある時は、スタージ・ウェーバー症候群といって、眼球や脳の中に血管腫が合併することがあり、緑内障てんかんを生じることがあります。

 また、片側の腕や下肢に大きな血管腫がある時は、クリッペル・ウェーバー症候群といって、その部分の筋肉や骨の肥大などの合併症がある場合があり、成長とともに患肢の肥大、延長、静脈瘤(りゅう)、動静脈ろうなどが明らかになる場合がありますので、注意が必要です。

 乳児に赤ぶどう酒様血管腫の症状が認められた場合には、皮膚科、ないし皮膚泌尿器科を受診して、診断を確定するとともに治療法についても相談します。

赤ぶどう酒様血管腫の検査と診断と治療

 皮膚科、皮膚泌尿器科の医師は通常、見た目と経過から診断します。赤ぶどう酒様血管腫を早期に的確に診断することは、必ずしも簡単ではありません。スタージ・ウェーバー症候群やクリッペル・ウェーバー症候群が疑われる場合には、画像検査などが必要になります。

 赤ぶどう酒様血管腫に対しては、パルス色素レーザー治療が第一選択です。うすいあざなので、手術をすると残った傷が目立つためです。

 パルス色素レーザー治療は、従来のレーザー治療に比べて傷跡が残ることが少なく、また効果も優れていますが、まだ完全に赤みを消せるとまではいえません。また、数回以上の照射が必要になることも多いようです。乳幼児期から開始する早期治療が、有効です。

 カバーマークによる化粧で色を隠すのも、選択肢の一つです。