健康創造塾

各種の健康情報を発信

食道、胃腸、肛門の病気

多臓器不全

// 生命維持に必要不可欠な臓器が同時に、あるいは次々に機能不全に陥った致命的状態 多臓器不全とは、生命の維持に欠かすことのできない重要な臓器が同時、あるいは連続的に機能不全に陥った重篤な状態。多器官障害、多器官不全、複合器官障害、複合器官不…

慢性びらん性胃炎

// 慢性の胃の炎症によって、胃の粘膜にびらんおよび欠損が現れる疾患 慢性びらん性胃炎とは、慢性の胃の炎症によって、胃の粘膜表面にびらんと呼ばれる組織が多数現れ、わずかにえぐれた欠損も現れる疾患。 原因としては、アルコールの摂取、アスピリンや抗…

嘔吐下痢症

// ウイルスなどを原因として引き起こされ、嘔吐、下痢を主な症状とする胃腸炎 嘔吐(おうと)下痢症とは、ウイルス、細菌、原虫などの病原微生物を原因として引き起こされ、嘔吐、下痢、発熱を主な症状とする胃腸炎の総称。感染性胃腸炎とも呼ばれます。 一…

ウイルス性胃腸炎

// ウイルスを原因とする胃腸炎で、嘔吐と下痢が主な症状 ウイルス性胃腸炎とは、ウイルスを原因とする胃腸炎の総称。一年を通じて発生しますが、例年晩秋から冬季に多くなります。 原因となる主なウイルスは、ノロウイルスやロタウイルス、サポウイルス、ア…

腸上皮化生性胃炎

// 委縮性胃炎が進行して、委縮した胃粘膜が腸のような粘膜に置き換わる疾患 腸上皮化生性胃炎とは、委縮性胃炎が進行して委縮した胃粘膜の性質が変わり、腸のような粘膜に置き換わる疾患。化生性胃炎とも呼ばれます。 腸上皮化生性胃炎に進行する委縮性胃炎…

特発性慢性胃炎

// 胃の炎症が慢性的に起こるものの、原因の特定が難しい疾患 特発性慢性胃炎とは、原因または原因との関連が不明なままに、胃の内側に炎症が慢性的に起こる疾患。突発性慢性胃炎とも呼ばれます。 慢性胃炎には、随伴性慢性胃炎もあり、こちらは胃がんや胃潰…

化生性胃炎

// 委縮性胃炎が進行して、委縮した胃粘膜が腸のような粘膜に置き換わる疾患 化生性胃炎とは、委縮性胃炎が進行して委縮した胃粘膜の性質が変わり、腸のような粘膜に置き換わる疾患。腸上皮化生性胃炎とも呼ばれます。 化生性胃炎に進行する委縮性胃炎は、慢…

慢性肥厚性胃炎

// 胃の粘膜表面が正常より厚くなった状態 慢性肥厚性胃炎とは、胃の粘膜の筋肉が緊張して、胃の粘膜表面が正常より厚く、硬くなった状態。 慢性肥厚性胃炎は慢性胃炎の一種で、慢性胃炎は胃の粘膜が持続的に炎症を起こして、粘膜の性状が変質し、胃が重いと…

隆起型びらん性胃炎

// びらん性胃炎の一種で、胃の粘膜表面に多数の隆起が現れる疾患 隆起型びらん性胃炎とは、びらん性胃炎の一種で、胃の粘膜表面が隆起して、中心部にびらんと呼ばれるただれた状態を浅く認める疾患。いぼ状胃炎、ゆう状胃炎、たこいぼ胃炎とも呼ばれます。 …

ゆう状胃炎

// びらん性胃炎の一種で、胃の粘膜表面に多数の隆起が現れる疾患 ゆう状胃炎とは、びらん性胃炎の一種で、胃の粘膜表面が隆起して、中心部にびらんと呼ばれるただれた状態を浅く認める疾患。いぼ状胃炎、たこいぼ胃炎、隆起型びらん性胃炎とも呼ばれます。 …

肥厚性胃炎

// 胃の粘膜表面が正常より厚くなった状態 肥厚性胃炎とは、胃の粘膜の筋肉が緊張して、胃の粘膜表面が正常より厚く、硬くなった状態。慢性肥厚性胃炎とも呼ばれます。 肥厚性胃炎は慢性胃炎の一種で、慢性胃炎は胃の粘膜が持続的に炎症を起こして、粘膜の性…

いぼ状胃炎

// びらん性胃炎の一種で、胃の粘膜表面に多数の隆起が現れる疾患 いぼ状胃炎とは、びらん性胃炎の一種で、胃の粘膜表面が隆起して、中心部にびらんと呼ばれるただれた状態を浅く認める疾患。いぼ状胃炎、たこいぼ胃炎、隆起型びらん性胃炎とも呼ばれます。 …

多発性過誤腫症候群

// 消化管に大量のポリープができるとともに、皮膚病変が伴う遺伝性の疾患 多発性過誤腫(かごしゅ)症候群とは、消化管に過誤腫性ポリポーシスという過剰に発育した良性腫瘍(しゅよう)が多数できるとともに、皮膚の病変が伴う遺伝性の疾患。コーデン病、…

GERD(胃食道逆流症)

// 食道炎の有無にかかわらず、胃内、十二指腸内の酸性内容物が食道に逆流 GERD(gastro esophageal reflux disease、ガード)とは、食道炎の有無にかかわらず、胃内や十二指腸内の酸性内容物が食道に逆流する疾患。胃食道逆流症とも呼ばれます。 逆流性…

EGID(好酸球性消化管疾患)

// 血液中の好酸球が消化管の粘膜に浸潤して、種々の症状を来す疾患の総称 EGID(Eosinophilic Gastro-Intestinal Disorders)とは、血液中の好酸球が消化管の粘膜に浸潤して、種々の症状を来す疾患の総称。好酸球性消化管疾患とも呼ばれます。 好酸球(…

ロタウイルス腸炎

// ロタウイルスの感染により乳幼児に起こる腸炎 ロタウイルス腸炎とは、オーストラリアのビショップが1975年に発見したロタウイルスの感染により、乳幼児に起こる腸炎です。 冬季に気温が5℃以下になると、流行することがあります。別名は、乳児嘔吐(おう…

裂肛

// 肛門部の皮膚の外傷で、強い痛みがあるのが特徴 裂肛(れっこう)とは、肛門部の皮膚が切れたり裂けたりした外傷で、ひりひりとした強い痛みがあるのを特徴とする痔疾。一般的には、切れ痔(じ)とも呼ばれます。 肛門周辺の疾患の総称である痔は、虫歯に…

旅行者下痢症

// 体の抵抗力の低下が一因に 海外旅行をした際、体調の変化、飲食物の違い、病原体の感染などによって、下痢症を引き起こした場合の総称。 旅行する国や地域によって若干の違いはありますが、海外旅行に行った人の半数以上は、旅行先に到着してから5日以内…

幽門狭窄

// 胃の出口の幽門が狭くなり、胃の内容物が停滞 幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)とは、胃と十二指腸の境界部にある幽門が狭くなっている状態。胃幽門狭窄とも呼ばれます。 幽門狭窄があると、胃液と混ざった食べ物は十二指腸への移行ができないか、通りが悪…

薬剤性大腸炎

// 抗生物質など薬物の副作用で引き起こされる急性腸炎 薬剤性大腸炎とは、疾患の治療のために投与された薬物の副作用で発生する急性腸炎。薬剤起因性腸炎とも呼ばれます。 原因となる薬物は、一般に抗生物質が多く、時には消炎鎮痛剤、抗がん剤などでも起こ…

薬剤起因性腸炎

// 抗生剤などの薬剤の副作用で発生する急性腸炎 薬剤起因性腸炎とは、疾患の治療のために投与された薬剤の副作用で発生する急性腸炎。薬剤性腸炎とも呼ばれます。 原因となる薬剤は、一般に抗生剤(抗生物質)が多く、非ステロイド性消炎鎮痛剤、抗がん剤な…

毛巣瘻

// 肛門の少し上の仙骨部の皮膚の下に、小さな穴が開いている状態 毛巣瘻(もうそうろう)とは、肛門(こうもん)の少し上の仙骨と尾骨の結合部、またはその近辺のの皮膚の下に、1個から数個の小さな穴が開いている状態。毛巣洞、毛巣洞炎とも呼ばれます。 …

メネトリエ病

// 胃の粘膜がはれて、肥厚し、巨大なひだを形成する疾患 メネトリエ病とは、胃の粘膜がはれて、肥厚し、巨大なひだを形成する疾患。巨大肥厚性胃炎、胃巨大皺襞(しゅうへき)症、胃粘膜肥厚症とも呼ばれます。 肥厚した粘膜から、血液の蛋白(たんぱく)質…

胸焼け

// 消化液の逆流が原因で発症 胸焼けとは、胃からのどにかけて、胸がジリジリと焼けるように、熱く感じる症状をいいます。 胃液や胆汁などの消化液が、食道に逆流することで起きます。 逆流の原因は、加齢や肥満、食べすぎによって、胃が広がり、胃と食道の…

無酸症

// 胃で分泌される胃液の中に、胃酸とも呼ばれる塩酸がほとんどない状態 無酸症とは、食べ物を消化するために胃で分泌される胃液の中に、胃酸とも呼ばれる塩酸がほとんどないか、全くない状態。胃酸欠如症とも呼ばれます。 胃液は、強酸性で、pHは通常1〜…

慢性便秘

// 数日以上も便通がない症状が日常的に起こるもの 慢性便秘とは、大腸内に便がとどまり、数日以上も便通がない症状が日常的に起こるもの。 旅行などで食事や生活環境が急に変化して起こる一過性の便秘は、除外します。 便通は一般的に、食後24~72時間後に…

慢性腹膜炎

// 腹膜に慢性の経過をたどる炎症が起こる疾患 慢性腹膜炎とは、腹腔(ふくくう)内を覆う薄い膜である腹膜に、慢性の経過をたどる炎症が起こる疾患。 そのほとんどが結核性腹膜炎で、がん性腹膜炎、癒着性腹膜炎も挙げられます。 結核性腹膜炎は、結核菌の…

慢性腸炎

// 腸の粘膜に慢性的な炎症が生じ、便通異常を起こす疾患 慢性腸炎とは、腸の粘膜が長期間に渡って炎症を起こしている疾患。主に大腸が侵されることが多く、小腸炎はまれです。 この慢性腸炎になると、飲食物の栄養分の腸での吸収が十分に行われないで、便に…

慢性胃炎

// 長い年月をかけて進行し、はっきりとした症状がみられない胃炎 慢性胃炎とは、症状がはっきりせず、胃のもたれ、不快感、食欲不振などが何となく起こるといった不定愁訴が、特徴的に認められる疾患。 それらの症状のほとんどは、いつから始まったのか、は…

マロリー・ワイス症候群

// 激しい嘔吐により、食道と胃の境界付近の粘膜が裂けて出血する疾患 マロリー・ワイス症候群とは、激しい嘔吐(おうと)によって、食道と胃の境界付近の粘膜が裂けて出血する疾患。出血により吐血、または下血を起こします。 疾患名は、1929年に初めて報告…