健康創造塾

各種の健康情報を発信

呼吸器の病気

アスピリン喘息

// アスピリンを始めとした解熱鎮痛薬の使用によって誘発される喘息発作 アスピリン喘息(ぜんそく)とは、アスピリンを始めとした解熱鎮痛薬である非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を使用することによって誘発される喘息発作。 解熱鎮痛薬喘息、NS…

黄色爪症候群

// 黄色い爪、体のむくみ、呼吸器の病変の3つを特徴とする全身疾患 黄色爪(おうしょくそう)症候群とは、黄色い爪(つめ)、体のむくみ、呼吸器の病変の3つを特徴とする全身疾患。 3つの特徴がすべて現れることは40パーセントから60パーセント程度にとど…

低酸素症

// 低圧低酸素状態に置かれた時に発症 低酸素症とは、低圧低酸素状態に置かれた時に発生する病的症状。組織低酸素症、高山病、高度障害とも呼ばれます。 高い所では気圧が下がるため空気が薄くなり、それに応じて含まれる酸素の量も減ります。体がそのような…

小児喘息

// 小児喘息の原因と症状について 季節の変わり目に悪化しやすいのが、この病気です。子供のうちに症状を改善させるためには、きちんと治療を続け、アレルギーを起こす物質である「アレルゲン」を生活から取り除くことが、大切となります。 喘息(ぜんそく)…

かぜ症候群

// かぜは万病のもと かぜは、口、鼻から肺までの空気の通り道である呼吸器が、微生物や寒さの刺激を受けたことにより、さまざまな反応を起こした状態(急性炎症)を示します。正確には「かぜ症候群」あるいは「かぜ疾患群」といいます。 ごく軽いかぜを含め…

息切れ

// 苦しい時は適切な対応を 息切れが気になっても、年齢や風邪のせいにしていませんか。適切な対応をしないと、生死にかかわるケースもあるので、注意したいところです。 肺は壊れると元に戻らない 人体の臓器の中で唯一、直接外気に触れているのが、呼吸器…

SAS(睡眠時無呼吸症候群)

// 睡眠中に無呼吸が頻回に起こって睡眠が障害され、さまざまな症状が現れる疾患 SAS(Sleep Apnea Syndrome)とは、睡眠中に無呼吸状態がしばしば起こる疾患。睡眠時無呼吸症候群とも呼ばれます。 このSASは、睡眠不足を感じている人や、眠りが浅いと…

PH(肺高血圧症)

// 心臓から肺に向かう肺動脈の血圧が高くなる疾患 PH(Pulmonary Hypertension、肺高血圧症)とは、心臓から肺に向かう肺動脈の血圧が高くなる疾患。比較的まれな疾患ですが、年齢に関係なく起こり得る複雑な疾患です。 酸素の少ない血液が右側の心臓の右…

MAC症

// 結核菌以外の抗酸菌であるMAC菌によって引き起こされ、肺などに病変ができる疾患 MAC(まっく)症とは、結核菌の仲間の抗酸菌の一つであるMAC菌によって引き起こされ、肺などに病変ができる呼吸器感染症。非結核性抗酸菌症と呼ばれる呼吸器感染…

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

// 肺への空気の流れが悪くなる病気 聞きなれない言葉、見なれない言葉ですが、とてもやっかいな病気です。 COPD(シーオーピーディー)はChronic Obstructive Pulmonary Diseaseの略で、 慢性閉塞性肺疾患と呼ばれます。 あなたは「階段の上り下りがキ…

ARDS(急性呼吸窮迫症候群)

// さまざまな重症の疾患に起因して、突然起こる呼吸不全の一種 ARDS(Acute Respiratory Distress Syndrome)とは、さまざまな疾患に起因して、肺の中に液体がたまって血液中の酸素濃度を異常に低下させる急性呼吸不全の一種。急性呼吸窮迫症候群、急性…

肋間神経痛

// 鋭い痛みが肋骨に沿って起こる疾患 肋間(ろっかん)神経痛とは、肋骨(ろっこつ)に沿って走る肋間神経に、何らかの原因で痛みが現れるものです。 発作性に起こるケースと、慢性持続性に起こるケースとがあります。 痛みはふつう片側に起こり、針で刺さ…

肋膜炎

// 胸腔に胸水がたまる疾患 肋膜(ろくまく)炎とは、胸膜炎の俗語で、肺臓や胸壁などを包んでいる二重の膜である肋膜(胸膜)に炎症が起こり、胸水の量が増えて胸腔(きょうこう)にたまった状態です。 肋膜が包む胸壁が肋骨(ろっこつ)で形成されているた…

無気肺

// 肺全体または一部の空気が入っていない状態 無気肺とは、肺に空気が入っていない状態。 これまで十分に拡張していた肺の組織の一部の空気、または全部の空気が何らかの原因で失われ、肺がつぶれている状態を指します。 この無気肺には種類がいくつもあり…

ムーコル症

// ムーコル目の真菌を吸い込むことで発症する感染症 ムーコル症とは、空気中に浮遊するムーコル目の真菌(かび)の胞子を気道から吸い込むことが原因となって、発症する感染症。フィコミコーシスとも呼ばれます。 ムーコル目の真菌には、ケカビ、アブシディ…

慢性閉塞性肺疾患

// 肺への空気の流れが悪くなる疾患 慢性閉塞(へいそく)性肺疾患とは、せきやたん、息切れを主な症状とし、慢性気管支炎か慢性肺気腫(はいきしゅ)のどちらか、または両方によって肺への空気の流れが悪くなる疾患。 COPD(Chronic Obstructive Pulmon…

慢性気管支炎

// せきとたんが長期間に渡って続く呼吸器の疾患 慢性気管支炎とは、持続性あるいは反復性のたんを伴うせきが少なくとも連続して2年以上、毎年3カ月以上続く疾患。 ただし、肺結核、肺化膿(かのう)症、気管支喘息(ぜんそく)、気管支拡張症などの肺疾患…

マイコプラズマ肺炎

// 微生物のマイコプラズマの感染で、子供に多く起こる肺炎 マイコプラズマ肺炎とは、微生物のマイコプラズマの感染によって起こる肺炎。マイコプラズマは細菌より小さくウイルスより大きな微生物で、生物学的には細菌に分類されますが、ほかの細菌と異なる…

ボックダレック孔ヘルニア

// 横隔膜に生まれ付き開いている穴を通して、腹腔の臓器が胸腔へ脱出 ボックダレック孔ヘルニアとは、横隔膜に生まれ付き開いている穴を通して、腹腔(ふくくう)内の臓器が胸腔内に入り込んだ状態。 先天性の横隔膜ヘルニアの一つで、胸腹裂孔ヘルニア、後…

ヘルパンギーナ

// 夏風邪の一種で、6カ月から4歳ぐらいの乳幼児を中心に流行 ヘルパンギーナとは、俗にいう夏風邪の一種。6〜7月をピークに、主に4~10月ころに多く、6カ月から4歳ぐらいの乳幼児を中心に流行します。 原因となるウイルスとして、コクサッキーウイル…

フィコミコーシス

// ムーコル目の真菌を吸い込むことで発症する感染症 フィコミコーシスとは、空気中に浮遊するムーコル目の真菌(かび)の胞子を気道から吸い込むことが原因となって、発症する感染症。ムーコル症とも呼ばれます。 ムーコル目の真菌には、ケカビ、アブシディ…

日和見肺感染症

// 体の抵抗力が低下した時に、病原性の弱い微生物で起こる感染症 日和見肺感染症とは、体力が落ちて抵抗力が著しく低下している時に、ふだんは疾患の原因になりにくい細菌や、かび、ウイルス、原虫などの微生物によって引き起こされる肺の感染症。 糖尿病や…

びまん性汎細気管支炎

// 気道と肺胞の境界に当たる呼吸細気管支を中心に、慢性の炎症が発生 びまん性汎(はん)細気管支炎とは、気管支末梢(まっしょう)部の細気管支が枝分かれして、肺胞につながる部分の呼吸細気管支が侵される疾患。呼吸細気管支の病変が両方の肺の全体に広…

非定型抗酸菌症

// 慢性的に経過しながら、確実に肺をむしばんでいく疾患 非定型抗酸菌症とは、結核菌と、らい菌以外の抗酸菌で、通常、非定型抗酸菌と呼ばれるものが起こす疾患。非結核性抗酸菌症とも呼ばれます。 抗酸菌は酸に対して強い抵抗力を示す菌であり、非定型抗酸…

非結核性抗酸菌症

// 結核菌以外の抗酸菌によって引き起こされ、肺などに病変ができる疾患 非結核性抗酸菌症とは、結核菌と、らい菌以外の抗酸菌によって引き起こされ、肺などに病変ができる呼吸器感染症。非定型抗酸菌症とも呼ばれます。 抗酸菌とは、結核の原因である結核菌…

肺MAC症

// 抗酸菌であるMAC菌によって引き起こされ、肺などに病変ができる疾患 肺MAC(まっく)症とは、 結核菌の仲間の抗酸菌の一つであるMAC菌によって引き起こされ、肺などに病変ができる呼吸器感染症。非結核性抗酸菌症と呼ばれる呼吸器感染症の一種で…

肺膿瘍

// 細菌が感染することで肺の組織が壊れ、うみがたまる疾患 肺膿瘍(のうよう)とは、細菌が感染することで肺の一部が化膿して、組織が壊れて、うみがたまる疾患。普通は、片方の肺のみに発症します。 肺炎にかかった人のうち、抵抗力が弱い人に起こったり、…

肺嚢胞症

// 肺の中に空気や液体を含む空間が発生 肺嚢胞(のうほう)症とは、肺の中に、空気や液体を含む空間である嚢胞ができる疾患。嚢胞の数は、1つから複数の場合まであります。 先天性と後天性があり、多くは後天性です。 先天性肺嚢胞症は、肺嚢胞が生まれ付…

肺動脈性肺高血圧症

// 心臓から肺に血液を送る肺動脈の血圧が異常に上昇する疾患 肺動脈性肺高血圧症とは、心臓から肺に血液を送る血管である肺動脈の血圧が異常に上昇する疾患。いろいろな原因によって肺動脈の血圧が高くなる肺高血圧症の一種です。 酸素の少ない血液が右側の…

肺塞栓

// 血栓などによって肺の動脈が詰まったり、肺組織が壊死する疾患 肺塞栓(そくせん)とは、血液によって運ばれた血栓などによって、心臓から肺へ血液を運ぶ肺動脈が詰まった状態。肺梗塞(こうそく)とは、塞栓ができたために血液の流れが遮断され、その先…