健康創造塾

各種の健康情報を発信

医療・ヘルス

重症虚血肢

// 足や手の動脈に慢性的に動脈硬化が起こっている虚血肢が重症化した状態 重症虚血肢とは、足や手への血流障害によって、安静時にも足に痛みがあり、足先に潰瘍(かいよう)や壊死(えし)が生じた状態。 足や手の動脈が動脈硬化になって細くなったり、詰ま…

虚血肢

// 足や手の動脈に慢性的に動脈硬化が起こっている状態 虚血肢とは、足や手の動脈が動脈硬化になって細くなったり、詰まったりして、慢性的に血の巡りが悪くなっている状態。 閉塞(へいそく)性動脈硬化症、もしくは慢性動脈閉塞症と呼ばれている疾患が、末…

肥大型心筋症

// 心臓の筋肉の疾患で、左心室心筋の異常肥大を特徴とする疾患 肥大型心筋症とは、心臓で血液を送り出している左心室心筋の異常肥大を特徴とし、原因または原因との関連が不明な疾患。原因として多くは、心筋収縮に関連する蛋白(たんぱく)質の遺伝子変異…

急性心不全

// 心臓のポンプ機能が急速に低下し、体に十分な血液を供給できなくなるとともに、肺や全身にうっ血が起こる病態 急性心不全とは、心臓の血液を送り出すポンプ機能が急速に低下することによって、体の血液循環が維持できない状態と、肺や全身に血液が滞るう…

慢性心不全

// 心臓の機能が低下して、十分な血液を送り出せない状態が長期間続く症候群 慢性心不全とは、心臓の機能が低下して、体に十分な血液を送り出せなくなった末期的な状態が長期間にわたって続き、進行していく症候群。 時に、安定した状態から急激に悪化する急…

心不全

// 心臓の機能が低下して、十分に働かなくなった末期的な状態 心不全とは、心臓の機能が低下して、体に十分な血液を送り出せなくなった末期的な状態。心不全は、疾患名ではありません。 心臓に静脈血は十分に戻ってくるのに、 動脈血を送り出せないという状…

アダムス・ストークス症候群

// 不整脈などの心臓の異常により、脳への血流量が急激に減少し、脳が虚血状態に陥る症状 アダムス・ストークス症候群とは、急に発生した不整脈などの心臓の異常により、脳への血液の供給が急激に減少したり停止して、脳が虚血状態に陥る症状。 疾患名は、18…

心筋症

// 心臓の筋肉の伸び縮みがうまくできなくなった状態で、症状は千差万別 心筋症とは、心臓の内側を覆う心内膜と心臓の外側を包んでいる心膜との間にある心臓の筋肉、つまり心筋の伸び縮みがうまくできなくなった状態。 心臓は全身に血液を送り出すポンプとし…

心臓突然死

// 心臓疾患による予期しない突然の病死 心臓突然死とは、心臓疾患による予期しない突然の病死のことであり、症状が出現してから死亡するまでの時間が24時間以内のものを指します。 突然死は、予期しない突然の病死全体のことであり、症状が出現してから死亡…

乳輪腺

// 妊娠中や産後に、乳頭の周辺に目立つようになるブツブツと小さく隆起した突起物 乳輪腺(にゅうりんせん)とは、乳首、すなわち乳頭の周囲を取り囲む輪状の部位である乳輪の中に、にきびやいぼのようにブツブツと小さく隆起した突起物として認められる皮…

モントゴメリー腺

// 妊娠中や産後に、乳頭の周辺に目立つようになるブツブツと小さく隆起した突起物 モントゴメリー腺(せん)とは、乳首、すなわち乳頭の周囲を取り囲む輪状の部位である乳輪の中に、にきびやいぼのようにブツブツと小さく隆起した突起物として認められる皮…

心室細動

// 心臓で血液を送り出している心室がけいれんを起こし、血液を全身に送り出せなくなった状態 心室細動とは、不整脈の一種で、心臓で血液を送り出している心室が小刻みに不規則に震える細動を伴って、血液を全身に送り出せなくなった状態。 血管系統の中心器…

重症不整脈

// 放置すると短時間で意識を失い、突然死に至る危険もある不整脈 重症不整脈とは、放置したままでいると短時間で意識消失から突然死に至る危険性が高く、緊急な治療を必要とする不整脈。心臓の拍動が異常に速くなる頻脈性不整脈のうち、心室頻拍や心室細動…

致死性不整脈

// 放置すると短時間で意識を失い、突然死に至る危険もある不整脈 致死性不整脈とは、放置したままでいると短時間で意識消失から突然死に至る危険性が高く、緊急な治療を必要とする不整脈。心臓の拍動が異常に速くなる頻脈性不整脈のうち、心室頻拍や心室細…

産瘤

// 新生児の産道通過に際して、先頭で進む部分にできるこぶ 産瘤(さんりゅう)とは、新生児が母体の狭い産道を通過する際に、周囲からの圧迫によって先頭で進む部分の皮下の軟部組織にむくみが起こり、こぶ状に隆起した状態。 むくみは、皮下組織内の静脈や…

魔乳

// 生後間もない新生児の乳頭から乳汁様の液体が分泌される現象 魔乳(まにゅう)とは、生後2~3日ころから1週間ころの間に、新生児の胸が膨らむとともに、乳頭(乳首)から乳汁様の半透明から白色の液体が分泌される状態。奇乳、鬼乳とも呼ばれます。 妊…

新生児月経

// 生後間もない女の子の新生児の性器から出血があること 新生児月経とは、生後3~5日ころの、女の子の新生児の性器から出血を認める状態。 出血量は多くなく、おむつに少量の血液が付着する程度で、生後1週間程度で出血は終わります。また、大便が出る時…

正常血糖性糖尿

// 血液中の高血糖を伴わずに、尿中に多くのブドウ糖が認められる疾患 正常血糖性糖尿とは、血液中のブドウ糖(グルコース)濃度が過剰である高血糖を伴わず、血糖値は正常な範囲内にあるにもかかわらず、腎臓(じんぞう)からブドウ糖が継続して尿中に漏れ…

新生児落屑

// 新生児の皮膚がポロポロと剥がれ落ちる状態 新生児落屑(らくせつ)とは、新生児の皮膚の表面がカサカサになってむけ、はがれ落ちる状態。新生児皮膚落屑とも呼ばれます。 まるで脱皮のように古い皮膚がポロポロと落ちて、その下から新しい皮膚が現れます…

乳頭亀裂、乳頭裂傷

// 授乳に際して乳頭にひびが入って裂けたり、傷ができる状態 乳頭亀裂(きれつ)、乳頭裂傷とは、女性が出産を経験して新生児に授乳する際に、乳頭(乳首)の皮膚にひびが入って裂けたり、傷ができたりする状態。皮がむけてしまうこともあり、状態が悪化す…

白斑

// 母乳による育児中の女性の乳頭にできる、白いニキビのような出来物 白斑(はくはん)とは、授乳中の女性の乳頭(乳首)にできる、白色でニキビのような出来物。 女性の乳頭にある乳管開口部である乳口(にゅうこう)に炎症が起きた乳口炎の初期症状として…

乳腺腫瘍

// 女性の乳房内の乳腺に発生する腫瘍 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)とは、女性の乳房内の乳腺に発生する腫瘍。良性と悪性に分けられます。 乳腺の良性腫瘍として多くみられるのは、乳腺線維腺腫と乳管内乳頭腫です。乳腺の悪性腫瘍の大部分は、乳がんです…

重複乳頭

// 乳輪の中に2つ以上の乳頭が存在している状態 重複乳頭とは、女性の乳首、すなわち乳頭の周囲を取り囲む輪状の部位である乳輪の中に、複数の乳頭が存在している状態を指す症状。乳輪内多乳頭とも呼ばれます。 通常、片側の乳房の乳輪中にある乳頭は1つで…

乳輪内多乳頭

// 乳輪の中に2つ以上の乳頭が存在している状態 乳輪内多乳頭とは、女性の乳首、すなわち乳頭の周囲を取り囲む輪状の部位である乳輪の中に、複数の乳頭が存在している状態を指す症状。重複乳頭とも呼ばれます。 通常、片側の乳房の乳輪中にある乳頭は1つで…

乳房痛

// 女性の乳房に痛みが生じる状態 乳房痛とは、女性の乳房に痛みが生じる状態を指す症状。 女性の乳房は、乳汁(母乳)の出口となる乳頭(乳首)、乳汁を作る働きを持つ乳腺(にゅうせん)と脂肪、血管、神経でできています。痛みの症状の原因は、卵巣から分…

乳腺嚢胞

// 乳腺から分泌された液体が乳管にたまり、袋状になる状態 乳腺嚢胞(にゅうせんのうほう)とは、女性の乳房全体に張り巡らされ、乳腺で作られた母乳を乳頭へ運ぶ管である乳管の中に分泌液がたまって袋のような状態になり、乳房のしこりとして認められる疾…

乳暈炎

// 乳暈の皮膚が過敏になって炎症を起こし、湿疹、ただれ、かゆみが生じる状態 乳暈(にゅううん)炎とは、女性の乳暈に湿疹(しっしん)や、ただれが生じ、かゆみを伴っている状態。乳輪炎とも呼ばれます。 乳首、すなわち乳頭の周囲を取り囲む輪状の部位で…

乳頭、乳輪の黒ずみ

// 乳房の先端部分の皮膚に存在するメラニン色素が多くなり、黒みを帯びる状態 乳頭、乳輪の黒ずみとは、生理的に皮膚に存在し、皮膚の色に変化を与えるメラニン色素が多くなり、皮膚が黒みを帯びる状態。体の異常ではありません。 皮膚に存在するメラニン色…

出血性乳房

// 妊娠や授乳期以外に乳頭から血液や血性分泌物がみられる状態 出血性乳房とは、妊娠期間中や授乳期以外に、女性の乳頭(乳首)の一方または両方から、血液や血液が混じった血性分泌物がみられる状態。 女性の乳頭から乳汁様、漿液(しょうえき)性、膿(の…

■ウイルスの遺伝情報を壊せる酵素を開発 岡山大学の研究グループ

// ウイルスの遺伝情報を壊すことができる酵素を作り出したと岡山大学大学院の研究グループが発表し、今後、この酵素を使ってエイズウイルスなどさまざまなウイルスの感染予防や病気の治療につなげたいとしています。 岡山大学大学院自然科学研究科の世良貴…

乳頭異常分泌症

// 妊娠や授乳期以外に起こる乳頭からの乳汁などの分泌 乳頭異常分泌症とは、妊娠や授乳期以外に乳頭から分泌物がみられる状態。異常乳頭分泌とも呼ばれます。 妊娠期間中や授乳期に女性の乳頭から乳汁(母乳)が出るのは普通ですが、乳頭異常分泌症ではそれ…

老人性乾皮症

// 全身の皮膚が乾燥してカサカサし、細かくはがれ落ちてくる疾患 老人性乾皮(かんぴ)症とは、加齢などが原因となって、全身の皮膚が乾燥してカサカサし、表面が細かくはがれ落ちてくる疾患。 冬の寒い時期にできることが多く、中高年者に多くみられます。…

骨粗鬆症

// 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは 1.骨粗鬆症とはどのような病気なのか 骨にはタンパク質やリンなどとともに、たくさんのカルシウム(骨重量の約50%)が含まれています。しかし、骨に含まれるカルシウムなどの量(骨量)は、若年期をピークに年齢と…

乾皮症

// 全身の皮膚が乾燥してカサカサし、細かくはがれ落ちてくる疾患 乾皮(かんぴ)症とは、全身の皮膚が乾燥してカサカサして、表面が細かくはがれ落ちてくる疾患。 冬の寒い時期にできることが多く、中高年者に多くみられます。女性のほうが男性よりやや早い…

黄色爪症候群

// 黄色い爪、体のむくみ、呼吸器の病変の3つを特徴とする全身疾患 黄色爪(おうしょくそう)症候群とは、黄色い爪(つめ)、体のむくみ、呼吸器の病変の3つを特徴とする全身疾患。 3つの特徴がすべて現れることは40パーセントから60パーセント程度にとど…

花粉症

// 花粉症とは 「花粉症」は「アレルギー性鼻炎」、「枯草熱」、「花粉熱」、あるいは「花粉によるアレルギー性鼻炎」、「季節性アレルギー性鼻炎」ともいわれ、ある種の植物の雄しべの中にある花粉を吸入するためにかかるアレルギー性疾患の一種です。起こ…

耳垢栓塞

// 耳垢が塊になって、耳の穴である外耳道をふさいだ状態 耳垢栓塞(じこうせんそく)とは、耳垢(みみあか)が塊になって、耳の穴である外耳道をふさいだ状態。 耳垢を長く取らないでおくと、耳の穴である外耳道をふさいでしまうことがありますし、水泳をし…

慢性びらん性胃炎

// 慢性の胃の炎症によって、胃の粘膜にびらんおよび欠損が現れる疾患 慢性びらん性胃炎とは、慢性の胃の炎症によって、胃の粘膜表面にびらんと呼ばれる組織が多数現れ、わずかにえぐれた欠損も現れる疾患。 原因としては、アルコールの摂取、アスピリンや抗…

プロラクチン分泌過剰症

// 下垂体からプロラクチンホルモンが過剰に分泌されることが原因となって起こる疾患 プロラクチン分泌過剰症とは、大脳の下部にある小さな分泌腺(せん)である下垂体(脳下垂体)からプロラクチンというホルモンが過剰に分泌されて、血液中のプロラクチン…

無月経・ 乳汁分泌症候群

// 妊娠や授乳期以外に無月経と乳汁分泌が起こる状態 無月経・ 乳汁分泌症候群とは、妊娠や授乳期以外の時期に、無月経と乳頭からの乳汁分泌がみられる状態。乳汁分泌性無月経とも呼ばれます。 主に20~30歳代の性成熟期の女性において、大脳の下部にある小…

乳汁分泌性無月経

// 妊娠や授乳期以外に乳汁分泌と無月経が起こる状態 乳汁分泌性無月経とは、妊娠や授乳期以外の時期に、乳頭からの乳汁分泌と無月経がみられる状態。無月経・ 乳汁分泌症候群とも呼ばれます。 主に20~30歳代の性成熟期の女性において、大脳の下部にある小…

乳汁漏

// 妊娠や授乳期以外に起こる乳汁などの分泌 乳汁漏とは、妊娠や授乳期以外に乳頭から分泌物がみられる状態。乳汁漏出症、乳頭異常分泌症、異常乳頭分泌とも呼ばれます。 妊娠期間中や授乳期に女性の乳頭から乳汁(母乳)が出るのは普通ですが、乳汁漏ではそ…

乳輪炎

// 乳輪の皮膚が過敏になって炎症を起こし、湿疹、ただれ、かゆみが生じる状態 乳輪炎とは、女性の乳輪に湿疹(しっしん)や、ただれが生じ、かゆみを伴っている状態。乳暈(にゅううん)炎とも呼ばれます。 乳首、すなわち乳頭の周囲を取り囲む輪状の部位で…

副腎性男性化症

// 男性ホルモンが過剰に分泌するために、男性化症状を起こしてくる疾患 副腎(ふくじん)性男性化症とは、副腎皮質から男性ホルモンが過剰に分泌するために、男性化症状を起こしてくる疾患。副腎性器症候群とも呼ばれます。 副腎皮質からは、コルチゾール(…

副腎褐色細胞腫

// 副腎髄質の腫瘍によりアドレナリンなどが大量に分泌されて、高血圧を起こす疾患 副腎褐色細胞腫(ふくじんかっしょくさいぼうしゅ)とは、左右の腎臓の上に位置する小さな内分泌臓器である副腎の髄質にできた腫瘍(しゅよう)によって、自律神経に働くア…

ストレス性高体温症

// 体は健康であるのに、精神的ストレスで発熱し、37℃以上の高体温となる状態 ストレス性高体温症とは、精神的ストレスで熱が出て、37℃以上の高体温となる状態。心因性発熱とも呼ばれます。 精神的ストレスで高い熱が出るケースもありますが、37℃を少し超え…

心因性発熱

// 体は健康であるのに、精神的ストレスで発熱し、37℃以上の高体温となる状態 心因性発熱とは、精神的ストレスで熱が出て、37℃以上の高体温となる状態。ストレス性高体温症とも呼ばれます。 精神的ストレスで高い熱が出るケースもありますが、37℃を少し超え…

心因性鼻炎

// 心の問題によって、鼻詰まりなどが引き起こされる症状 心因性鼻炎とは、慢性ストレス、うつ病、気分変調性障害(神経症)など心の問題によって、鼻詰まりなどが引き起こされる症状。 鼻炎には、アレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎、好酸球増多性鼻炎などの…

心因性多飲症

// ストレスが原因となって、強迫的に1日6リットル以上の水分を摂取してしまう疾患 心因性多飲症とは、心理的なストレスが原因で強迫的、または習慣的に水分を多飲してしまう疾患。 心因性多飲症の人は、1日に摂取する水分の量が極端に多く、何度もトイレ…

腎性糖尿

// 糖尿病ではなく、血液中の高血糖を伴わずに、尿中に多くのブドウ糖が認められる疾患 腎性(じんせい)糖尿とは、血液中のブドウ糖(グルコース)濃度が過剰である高血糖を伴わず、血糖値は正常な範囲内にあるにもかかわらず、腎臓からブドウ糖が継続して…