健康創造塾

各種の健康情報を発信

2017-01-11から1日間の記事一覧

■インフルエンザ、1月中旬に本格化する恐れ 直近の週の推定患者は42万5809人

// 2017年に入り、インフルエンザの推定受診者数は増加がみられました。学校の冬季休暇が終了する1月中旬以降はさらに急増し、流行は本格化していくものと予想されます。今後ともインフルエンザの患者発生の推移には注意が必要です。 薬局での調剤情報を集…

■梅毒患者が4000人を超える、昨年度 5年で5倍に増加

// 性感染症の梅毒と診断された患者数が、昨年は4000人を超え、約40年前の1974年と同水準になったことが、国立感染症研究所のまとめで明らかになりました。 2011年と比べ、患者数は5倍に増えました。妊婦を通じ胎児が感染すると死産などを起こす恐れがあり…

■重い眼病「網膜色素変性症」、iPS細胞で再び光感知 世界で初めてマウスで成功

// iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った目の網膜の組織を「網膜色素変性症」という重い目の病気のマウスに移植し、目で光を感じ取れるようにすることに世界で初めて成功したと、神戸市の理化学研究所のチームが発表しました。 この研究を行ったのは、…

■デング熱の海外感染、昨年330人で過去最多 東南アジアでの感染が7割超

// ネッタイシマカ、ヒトスジシマカなどの蚊が媒介するデング熱に海外で感染した2016年12月18日時点での患者報告数が330人に上り、1999年の調査開始以降、最多となったことが国立感染症研究所の集計で明らかになりました。 インドネシアやタイなど日本人観光…