読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康創造塾

各種の健康情報を発信

■別居中の妻、凍結受精卵を無断で移植し出産 東京都の夫、親子関係で大阪家裁に提訴

// 夫婦関係が事実上、破局していたのに、妻が夫の同意書を偽造して凍結保存中の受精卵の移植を受け、子供を産んだのは苦痛だとして、夫が昨年12月20日付で、子供との法的な親子関係を認めないよう求める訴えを大阪家庭裁判所に起こしたことが明らかになりま…

■マルコメ、即席みそ汁145万袋を自主回収 外袋に異物混入

// 長野市に本社がある食品メーカー「マルコメ」が製造・販売する即席みそ汁の外袋の中に、製造過程で使うシリコンゴム製の吸盤が混入している可能性があることがわかり、マルコメは20日、対象商品約145万個の自主回収を始めました。 自主回収を始めたのは、…

■食物アレルギーの新しい治療法に注目集まる 医師の指導で行う経口免疫療法

// 20日は、日本アレルギー協会が1995年から制定している「アレルギーの日」です。子供に多い食物アレルギーでは、専門の医師の指導の下で行う新しい治療法が注目されています。 食物アレルギーは、アレルギーのある食べ物を食べた時に発症し、湿疹やおう吐…

■東京23区内の妊産婦自殺、10年間で63人 政府が支援へ乗り出す

// 政府は、産後うつなどによる妊産婦自殺の対策に本腰を入れて乗り出します。現在見直し中の「自殺総合対策大綱」に妊産婦に対する支援を新たに盛り込み、実態把握も進めます。 出産時の出血による死亡などよりも自殺が多いという調査もあり、対策を求める…

■ゲノム編集の特許はハーバード大などの側に アメリカの特許商標庁が決定

// アメリカの特許商標庁は16日までに、遺伝情報を持つDNAを自在に書き換えられる「ゲノム編集」の新技術について、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学が共同で設立したブロード研究所が特許権を持つとする決定を出しました。 先に論文を発表した…

■iPS細胞やES細胞から1週間で神経細胞を作製 慶大が成功

// 慶應義塾大学は2月14日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)から1週間で、90%以上という高い効率で神経細胞を分化させる「細胞分化カクテル」の開発に成功したと発表しました。 成果は、慶大医学部システム医学教室の洪実(こう…

■医薬品買い取り時の身分確認、卸売り販売業者に義務化 厚労省、偽のC型肝炎治療薬の流通を受け

// 高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が奈良県や東京都内で見付かった問題を受け、厚生労働省は16日、医薬品の卸売り販売業者に対して、買い取りの際の身分確認と連絡先などの記録を義務付ける通知を出しました。今後、罰則のある医薬品医療…

■トクホ許可後の品質管理を怠った日本サプリメントに、景表法違反で措置命令 消費者庁

// 国から特定保健用食品(トクホ)の許可を受けながら、その後の品質管理を行わずにトクホと表示していたのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は14日、健康食品会社「日本サプリメント」(大阪市)に対し、再発防止策などを求める措置命…

■インフルエンザ、流行のピークを過ぎる 46の都道府県で患者が減少

// 今月6日~12日までの1週間に、全国の医療機関を受診したインフルエンザの患者は推計で151万人と2週連続で減少したことが、国立感染症研究所の調査で明らかになりました。 専門家は「流行のピークは過ぎたとみられるが、依然、患者は多い。受験生や高齢…

■過度のスマホ使用を警告するポスター、全国の診療所で掲示へ 小児科医会と医師会

// 日本小児科医会と日本医師会は15日、「スマホを使うほど学力が下がります」と訴えて、過度のスマートフォンの使用を警告する「スマホ依存に対する啓発ポスター」を作製したと発表しました。 約17万人の会員に送付し、全国の診療所などで掲示します。 ポス…

■がん患者全体の10年生存率は58%、5年生存率69%に上昇 国立がん研究センターが発表

// 国立がん研究センター(東京都中央区)は、2000年~2003年にがんと診断された人の10年後の生存率は58・5%だったと16日付で発表しました。10年生存率の算出は昨年に続き2回目で、0・3ポイント上昇しました。 2006年~2008年にがんと診断された人では…

■インフルエンザ発症から2日間の異常行動に注意呼び掛け 「リレンザ」吸入の中学生転落死を受け

// インフルエンザ治療薬「リレンザ」を吸入した中学2年の男子生徒(14歳)が転落死したことを受け、医薬品医療機器総合機構(PMDA)は16日、医薬品服用の有無にかかわらず、インフルエンザの発症から2日間は小児や未成年者を一人にしないよう注意を呼…

■オフィス外勤務でストレスや不眠症が増加する恐れも 国際労働機関が報告書

// IT(情報技術)機器を使ってオフィス以外の場所で仕事をする「オフィス外勤務」では、通勤時間を節約でき、仕事に集中しやすい環境も整う一方で、サービス残業やストレスが増加するほか、不眠症のリスクも生じる恐れがあるとの報告書が15日、発表されま…

■アメリカで受精卵のゲノム編集、条件付きで臨床容認へ 将来、人為的に遺伝子操作された子供も

// 生物のゲノム(全遺伝情報)を自由に改変できる「ゲノム編集」の技術を使って子供をもうけることについて、アメリカの科学アカデミー(NAS)は14日、将来技術的な課題が解決されれば、遺伝性の深刻な病気を防ぐ目的に限り、条件付きで容認できるとする…

■着床前検査、日本産科婦人科学会が今春研究に着手へ 流産予防を検証

// 体外受精による受精卵の全染色体を検査し、異常のないものだけを母胎に戻す「着床前スクリーニング(PGS)」の臨床研究について、日本産科婦人科学会(日産婦)が、計画の中心を担う慶応大学が不参加のまま始めることが明らかになりました。 日産婦は…

■目の難病、人工網膜で視力回復に光 大阪大、2021年をめどに実用化

// 遺伝性の目の難病「網膜色素変性症」で失明した患者に電子機器の「人工網膜」を植え込み、視力を回復させる研究が、大阪大学の不二門尚(ふじかど・たかし)教授(医用工学)らによって進められています。 すでに臨床研究として失明患者への手術を実施し…

■妊娠中のうつ症状、大豆と魚とヨーグルトで抑制 愛媛大が調査

// 大豆製品や魚介類、ヨーグルトを多く食べた妊婦は、少ない妊婦に比べ、妊娠中にうつ症状になる割合が6~7割に抑えられることが、愛媛大の三宅吉博教授(疫学)らの研究で明らかになりました。 一方、牛肉や豚肉などに含まれる飽和脂肪酸の摂取量が多い…

■聖マリアンナ医大 、6件の臨床研究に不備 神経精神科に中止を勧告へ

// 川崎市にある聖マリアンナ医科大学は、精神疾患の患者を対象にした臨床研究6件について計画の手順を守らないなどの不備が見付かったとして、研究を中止するよう付属病院の准教授らに勧告することを決め、関係者の処分を検討することになりました。 大学…

■子宮頸がんワクチン訴訟、東京地裁でも争う姿勢 国と製薬2社

// 国が接種を勧めた子宮頸(けい)がんワクチンの副作用で健康被害が生じたとして、女性28人が国と製薬会社2社に4億2000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、東京地裁(原克也裁判長)でありました。 国と2社はいずれも健康被害とワクチ…

■東京都に花粉シーズン到来 平年より5日早く、飛散量は昨年と同程度

// 東京都に花粉のシーズンが到来しました。東京都は13日、都内でスギの花粉が飛び始めたと発表しました。過去10年の平均より5日早く、東京都は先月の気温が高くスギの花の開花が早まったことが影響しているものとみています。 東京都は先月から都内の12カ…

致死性不整脈

// 放置すると短時間で意識を失い、突然死に至る危険もある不整脈 致死性不整脈とは、放置したままでいると短時間で意識消失から突然死に至る危険性が高く、緊急な治療を必要とする不整脈。心臓の拍動が異常に速くなる頻脈性不整脈のうち、心室頻拍や心室細…

■若年層で激しい献血離れ 厚労省、「はたちの献血」の名称変更も検討

// 40年以上続いてきた厚生労働省などの若者向けの献血キャンペーン「はたちの献血」が、2018年をめどに幕を下ろす見通しになりました。 成人になるのを機に献血の意義を考えてもらおうという趣旨ですが、法令上は16歳から献血できるため、「20歳からと誤解…

■赤ちゃんポスト、神戸の助産院が設置を準備 熊本の病院に続き全国で2番目

// 実親が育てられない子供を匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を関西で設立しようとしている市民団体が9日、神戸市内の助産院に設置する計画を発表しました。実現すれば、熊本市の病院に続き全国で2例目。 これに対し神戸市は、助…

■アイドルが急死した致死性不整脈、AEDで救命例も 兆候が現れにくい若者では予知困難

// 女性アイドルグループ「私立恵比寿中学(エビ中)」のメンバーで8日未明に死去した松野莉奈(りな)さん(当時18歳)について、所属事務所のスターダストプロモーションは10日、致死性不整脈の疑いで亡くなった可能性が高いと公表しました。 松野さんは…

■2万円程度で乳がんを起こす遺伝子異常の検査可能に 遺伝学研究所が新手法開発

// 乳がんや卵巣がんを発症する可能性が高まるとされる遺伝子の異常を低コストで調べることができる新たな検査法を、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の井ノ上逸朗教授(人類遺伝学)らが開発し、国内の特許を出願したことが11日、明らかになりました。 新…

■札幌医大病院、白血病などの臨床研究で不正疑い 患者の血液を無断使用か

// 札幌医科大学付属病院(札幌市中央区)は10日、腫瘍・血液内科で実施した臨床研究について、安全性を審査する院内の臨床研究審査委員会(IRB)の承認を受けていないとする不正の疑いを厚生労働省から指摘され、調査していると明らかにしました。 病院…

■高いといわれる再生医療の治療コスト、初の調査 京大を中心としたチーム

// iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを用いる再生医療の治療コストについて、京都大iPS細胞研究所を中心としたチームが初の実態調査を始めました。 治療に取り組む大学や企業の約10グループに聞き取り、3年かけて報告書をまとめます。再生医療は実用…

■飲食店内禁煙、新型たばこは対象外に 受動喫煙規制で厚労省方針

// 塩崎恭久厚生労働相は10日の閣議後の記者会見で、飲食店などに受動喫煙防止対策を義務付ける健康増進法改正案に関し、煙の出ない電気加熱式たばこや電子たばこなどの新型たばこについて、3月上旬に予定する通常国会への提出段階では、法案に盛り込まない…

■慶応大、iPS細胞で脊髄損傷を治療へ 倫理委に臨床研究を申請

// 脊髄(せきずい)損傷や神経難病など、再生医療の本命と期待されていた病気の治療に向けて、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った臨床研究が動き出します。これまで脳や脊髄の傷付いた神経細胞を再生させる有効な治療法はありませんでしたが、iPS細…

■インフルエンザ、なお全国で広く流行 患者やや減少も、1週間で推計199万人

// インフルエンザが依然として全国で広く流行しています。厚生労働省は10日、全国約5000の定点医療機関から直近1週間の1月30日~2月5日に報告されたインフルエンザの患者数が1医療機関当たり38・14人となったと、発表しました。 前週は39・41人で、昨…

■セックスレス夫婦、過去最高の47・2% 家族計画協会が調査

// 配偶者がいても性交渉が1カ月以上ない、いわゆるセックスレス夫婦の増加傾向が続いていることが、一般社団法人・日本家族計画協会が10日に発表した「男女の生活と意識に関する調査」で明らかになりました。 2016年は過去最多の半数近くに上り、専門家は…

■C型肝炎の治療後に肝臓がんになるリスク高める遺伝子特定 名古屋市立大学など

// 「TLL1」という遺伝子に変異があると、C型肝炎の治療後に肝臓がんになるリスクが2・37倍になることを、名古屋市立大学や東京大学などの研究チームが8日までに突き止め、アメリカの学会誌「ガストロエンテロロジー」(電子版)に発表しました。 リ…

■がんや難病の患者の遺伝子を解析し、最適な治療方法を選択 東大がゲノム医療の臨床研究へ

// がん患者や難病の患者一人一人の遺伝子を治療前に詳しく解析し、最も適した治療方法を選べるようにするゲノム医療の臨床研究を東京大学の研究チームが始めることになりました。 これは9日に東京大学の研究チームが会見し、明らかにしたものです。 患者ご…

■iPS培養、ナノファイバーを使った布で10倍に増産 京大とグンゼが新素材開発

// 特殊な繊維で開発した布を使って、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を大量に培養することに成功したと、京都大学と肌着メーカー「グンゼ」(大阪市北区)の研究チームが発表しました。 従来の培養法と比べ、細胞の数を約10倍増やせたといい、再生医療のコ…

■がん免疫治療薬「キイトルーダ」、薬価は年1427万円に 2月15日から保険適用

// 厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)は8日、アメリカの製薬大手メルクが開発したがん免疫治療薬「キイトルーダ」(一般名・ペムブロリズマブ)の保険適用を承認しました。 皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)と肺がんに…

■京大、脳動脈瘤の進行の仕組みを解明 治療薬開発に期待

// 脳の血管にこぶができ、破裂するとくも膜下出血を起こす「脳動脈瘤(りゅう)」は、特定のタンパク質が働くことで症状が進むとみられることを動物実験で突き止めたと、京都大学の研究チームが発表しました。 治療薬の開発につながるのではないかと期待さ…

■飲食店原則禁煙を修正し、小規模店を例外に 厚労省、業界の反対で後退

// 他人のたばこの煙を吸い込んでしまう受動喫煙の防止強化策を検討している厚生労働省は、原則建物内禁煙を目指していた飲食店のうち、小規模店を例外にして喫煙を認める方向で調整していることが8日、明らかになりました。 厚労省は2020年東京五輪・パラ…

■不妊治療の助成を拡大し、対象年齢を引き下げて上乗せ 埼玉県が全国で初めて

// 埼玉県は少子化対策の一環として不妊治療にかかる費用への助成を拡大し、現在43歳未満の女性に行っている助成に加え、35歳未満の女性には初回の不妊治療に限り、さらに最大で10万円を上乗せする方針を固めました。 埼玉県によりますと、助成の上乗せは13…

■目など全身に炎症引き起こすベーチェット病、遺伝子を解明 治療薬開発に道

// 厚生労働省が指定する難病の一つで、目の炎症や口内炎、皮膚症状などを繰り返し、失明に至ることもある難病「ベーチェット病」のなりやすさにかかわるDNA配列を見付けたと、横浜市立大学などの国際研究チームが発表しました。治療薬の開発につながる可…

■微量血液を調べて膵臓がんを早期に診断 アメリカなどのチームが検査法を開発

// 1滴足らずの微量血液で、発見が困難な膵臓(すいぞう)がんの徴候を検出する画期的な検査法を開発したとの研究論文が6日、発表されました。膵臓がんは、死亡率が最も高いがんの一つです。 イギリスの科学誌「ネイチャー・バイオメディカル・エンジニア…

■キユーピー、ごまドレッシング21万本を自主回収へ 金属混入の恐れ

// 食品メーカーのキユーピーは7日、東海、北陸、近畿、山口県を除く中国、四国の21府県で販売したドレッシングに、製造工程で微細な金属繊維などが混入した恐れがあるとして、およそ21万本を自主回収すると発表しました。 自主回収するのは、キユーピーが…

産瘤

// 新生児の産道通過に際して、先頭で進む部分にできるこぶ 産瘤(さんりゅう)とは、新生児が母体の狭い産道を通過する際に、周囲からの圧迫によって先頭で進む部分の皮下の軟部組織にむくみが起こり、こぶ状に隆起した状態。 むくみは、皮下組織内の静脈や…

■他人のiPS細胞移植、理研が患者募集 目の病気「加齢黄斑変性」を再生治療

// 他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した網膜の細胞を、重い目の病気の患者に移植する臨床研究を厚生労働省が了承したのを受け、理化学研究所などのチームが6日、神戸市で記者会見し、5人を目標に対象となる患者の募集を始めたと明らかにしま…

■自宅などで死を迎える看取り率に地域差 人口3万人以上20万人未満で13倍の開き

// 病院ではなく自宅や老人ホームなど生活の場で亡くなる人の割合に、自治体間で大きな差があることが、厚生労働省研究班の調査で明らかになりました。 2014年の全死亡者から事故や自殺などを除き、「 看取(みと)り率」として算出したもので、人口20万人以…

■無資格アートメーク、全国各地で横行 容疑のエステサロン経営者を逮捕

// 医師免許を持たずに、札幌市中央区で経営するエステサロンで、「アートメイク」と呼ばれる眉(まゆ)の部分の皮膚に針のついた器具で色を入れる医療行為をしたとして、58歳の女性経営者が医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕されました。 1月30日に逮…

■慈恵医大病院、疑い例も直接連絡する改善策を公表 肺がん疑い報告書を1年放置

// 東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)が、肺がんの疑いがあると指摘された男性患者(72歳)の画像診断報告書を約1年間放置していた問題で、病院は4日、院内で検討した原因分析と改善策をホームページで公表しました。 患者は肝臓の病気のため、慈…

■納豆の定期的摂取で、循環器疾患の死亡リスクが25%低下 3万人の追跡調査で判明

// 日本の伝統食の1つである納豆を定期的に食べる人は、ほとんど食べない人に比べて循環器疾患で死亡するリスクが25%低いことが、約3万人の日本人を16年間追跡した研究で明らかになりました。 納豆を含むさまざまな大豆製品の摂取は、脳卒中や心筋梗塞(…

■初期のアルツハイマー病、原因物質の除去で回復の可能性 精神・神経医療研究センターが発表

// アルツハイマー病のごく初期の段階で、病気の原因とされるタンパク質の集合体を取り除けば、脳の神経細胞に起きた異常を回復できる可能性があるとする研究成果を、国立精神・神経医療研究センターなどの研究チームが発表しました。 この研究を行ったのは…

■世界全体で1年間に880万人ががんで死亡 WHO、早期診断を促す

// 2月4日はがんに対する啓発を行い、予防などの行動を呼び掛ける「世界対がんデー」です。世界保健機関(WHO)は、世界全体で1年間におよそ880万人ががんで亡くなっているとして、早期の診断などを促す新しいガイダンスを発表しました。 WHOにより…

■パーキンソン病、他人のiPS細胞で移植手術 京大、2018年度実施へ

// 京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授は3日、さまざまな細胞に育つiPS細胞(人工多能性幹細胞)で神経難病のパーキンソン病を治療する医師主導の臨床試験(治験)を2018年度に始めると明らかにしました。 パーキンソン病の患者に、健康な人の血液か…